エベルトン・エンリケ・デ・ソウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はエンリケ第二姓(父方の)はデ・ソウザです。
エベルトン Football pictogram.svg
Ewerthon October 2011.jpg
名前
本名 エベルトン・エンリケ・デ・ソウザ
Éwerthon Henrique de Souza
ラテン文字 EWERTHON
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1981-06-10) 1981年6月10日(36歳)
出身地 サンパウロ
身長 172cm
体重 65kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
2001-2003 ブラジルの旗 ブラジル [1] 6 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エベルトン・エンリケ・デ・ソウザÉwerthon Henrique de Souza, 1981年6月10日 - )はブラジルサンパウロ州サンパウロ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

コリンチャンスの大ファンであった父の薦めで7歳からコリンチャンスに入り、1999年にトップデビューを果たす。しかしながら出場機会を得られず、リオ・ブランコECへレンタル移籍。ここでは中心選手となってサンパウロ州選手権で5得点を挙げた。コリンチャンス復帰後もサンパウロ州選手権で9得点を挙げている。

2001-02シーズン、ドルトムントを選択し、ドイツへと旅立つ。ドルトムントではヤン・コレルの落としたボールをゴールへ蹴りこむ役割を担い、2001-02シーズンから4年連続で2桁得点を記録した。

ドルトムントは親会社の経営難に苦しんでおり、2005年7月にスペインのレアル・サラゴサと5年契約を結んだ[2]。移籍金は公開されていない。2006年1月27日のFCバルセロナ戦 (4-2) では2得点し、相手の公式戦連勝記録を18で止めた[3]。サラゴサでの1年目は快足を生かして得点を量産したが、2年目はセルヒオ・ガルシアの台頭もあって出場機会を減らし、2007年7月16日にはドイツ王者のVfBシュトゥットガルトにレンタル移籍した[4]。3年ぶりにブンデスリーガでプレーしたが、活躍することは出来ず、冬にはRCDエスパニョールへとレンタルされている。2008-09シーズンは2部に降格したサラゴサに復帰し、リカルド・オリヴェイラとコンビを組んで得点を量産した。最終的に28得点し、CDテネリフェニノに次ぐ得点ランク2位に入った。

しかし、2009-10シーズンは出場機会を減らし、更に冬の移籍市場でウンベルト・スアソが加入したことによりEU外選手枠からも外れた。このことから2010年2月22日、ブラジルのSEパルメイラスへ移籍した[5]。2011年7月、ロシアプレミアリーグFCテレク・グロズヌイへ1年間の契約で移籍をした[6]。2012年1月、6試合で1得点と稼働率の低いエベルトンにクラブは話し合いの場を持ち、エベルトン自身もクラブを退団したいとの願望を示したため、双方の合意の下で契約を解消し退団した[7]

代表[編集]

ブラジル代表として2001年4月ペルー戦で初出場、その後数試合に出場するも2003年以降の招集はない。 

所属クラブ[編集]

ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 2007-2008.1 (期限付き移籍)
スペインの旗 RCDエスパニョール 2008.1-2008.6 (期限付き移籍)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SCコリンチャンス・パウリスタ
ボルシア・ドルトムント

代表[編集]

ブラジル代表

脚注[編集]