エボシドリ科 (Sibley)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エボシドリ科
Red crested turaco.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : ネオアヴェス Neoaves
: エボシドリ目 Musophagiformes
: エボシドリ科 Musophagidae
和名
エボシドリ(烏帽子鳥)
英名
Turaco
亜科
  • カンムリエボシドリ亜科 Corythaeolinae
  • エボシドリ亜科 Musophaginae
  • ハイイロエボシドリ亜科 Criniferinae
ウィキメディア・コモンズ

エボシドリ科(えぼしどりか、学名 Musophagidae)は鳥類エボシドリ目の唯一の科である。エボシドリ(烏帽子鳥)と呼ばれる。

目次

特徴

エチオピア区サハラ以南のアフリカ)の森林とサバンナに生息する。

頭部の上に目だつ冠羽があり、和名では烏帽子(えぼし)にたとえられる。

樹上に住み、巣も枝の上に小枝を重ねて作る。木の実を主食とする。

系統と分類

エボシドリ目は aquatic and semi-aquatic birds 系統に含まれる[1][2]姉妹群は不確実だが water birdsアビ目+ペンギン目+ミズナギドリ目+コウノトリ目+ペリカン目)と思われる。

伝統的にはカッコウ目エボシドリ亜目 Musophagi に分類されてきたが、狭義のカッコウ目(カッコウ科)とは異なり、托卵をせず、果実食で、雛は早生性である[3]。カッコウ目も aquatic and semi-aquatic birds に含まれるが、エボシドリ目とは特に近縁ではない。Sibley分類では広義のフクロウ目フクロウ目+ヨタカ目+ズクヨタカ科)と姉妹群のエボシドリ目としたが、広義のフクロウ目のいずれのグループも aquatic and semi-aquatic birds にすら含まれずエボシドリ目とは遠縁である。

エボシドリ科は3つの亜科に分かれる[4][5]。ただしこれらの間の系統関係は不確実である。Sibley分類でのハイイロエボシドリ亜科はハイイロエボシドリ亜科+カンムリエボシドリ亜科にあたる。

aquatic and semi-aquatic


water birds


エボシドリ目
エボシドリ科

カンムリエボシドリ亜科 Corythaeolinae



エボシドリ亜科 Musophaginae



ハイイロエボシドリ亜科 Criniferinae








ツル目



カッコウ目




ノガン目




属と種

属と種は国際鳥類学会議 (IOC) による[6]。6属23種からなる。

カンムリエボシドリ亜科 Corythaeolinae

エボシドリ亜科 Musophaginae

ハイイロエボシドリ亜科 Criniferinae

出典

  1. ^ Ericson, Per G. P.; Anderson, Cajsa L.; et al. (2006), “Diversification of Neoaves: integration of molecular sequence data and fossils”, Biol. Lett. 2 (4): 543–547, doi:10.1098/rsbl.2006.0523, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1834003/ 
  2. ^ Hackett, S. J.; Kimball, Rebecca T.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320: 1763–1768 
  3. ^ 盛岡弘之 (2006), “鳥綱”, in 松井正文, 脊椎動物の多様性と系統, バイオディバーシティ・シリーズ 7, 裳華房, ISBN 4-7855-5830-0 
  4. ^ Veron, G.; Winney, B. J. (2000), “Phylogenetic relationships within the turacos (Musophagidae)”, Ibis 142 (3): 446–456, doi:10.1111/j.1474-919X.2000.tb04441.x 
  5. ^ Njabo, K. Y.; Sorenson, M. D. (2009), “Origin of Bannerman's Turaco Tauraco bannermani in relation to historical climate change and the distribution of West African montane forests”, Ostrich 80 (1): 1–8, doi:10.2989/OSTRICH.2009.80.1.1.759 
  6. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), “Hoatzin, turacos, cuckoos”, IOC World Bird Names (version 2.5), http://www.worldbirdnames.org/n-hoatzin.html 

今日は何の日(8月21日

もっと見る