エマニュエル・マタディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エマニュエル・マタディ Portal:陸上競技
Emmanuel Matadi Rio 100m cr.jpg
選手情報
ラテン文字 Emmanuel Matadi
国籍 リベリアの旗 リベリア
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m, 200m
大学 アメリカ合衆国の旗 ミネソタ州立大学マンケイト校英語版
生年月日 (1991-04-15) 1991年4月15日(27歳)
出身地 リベリアの旗 モンロビア
身長 185cm
成績
オリンピック 100m 予選4組6着 (2016年)
200m 予選3組5着 (2016年)
世界選手権 100m 準決勝2組6着 (2017年)
地域大会決勝 アフリカ選手権
100m 5位 (2016年)
200m 3位 (2016年)
自己ベスト
60m 6秒58 (2016年)
100m 10秒14 (2016年)
9秒93w (2017年)
200m 20秒44 (2016年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

エマニュエル・マタディEmmanuel Matadi1991年4月15日 ‐ )は、リベリアモンロビア出身の陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒14、200mで20秒44の自己ベストを持ち、200mでは20秒49のリベリア記録を保持している。2016年リオデジャネイロオリンピックリベリア代表

経歴[編集]

高校時代まで[編集]

リベリアに生まれ育つも、リベリア内戦の影響で7歳の時にアメリカに移住した[1]

当初はアメリカンフットボールを中心に取り組んでいた。しかし、高校2年生の時から陸上競技を本格的に取り組み始めると、2009年のミネソタ州高校リーグ( (Minnesota State High School LeagueのクラスAA男子100mでチャンピオンに輝くなど活躍した[2]

2015年以降[編集]

2015年5月の全米学生(NCAA)選手権の2部に出場すると、男子100mを10秒21(+2.4)、男子200mを20秒54(0.0)でそれぞれ制して2冠を達成した[3]

2016年6月11日からリベリア代表として大会に出場することが可能となり[4][5]、約10日後のアフリカ選手権に初めてリベリア代表として出場した。男子100mは決勝に進出するも10秒24(+2.4)の5位(4位と同タイム着差あり)でメダルを逃したが、男子200mでは100mに続いて決勝に進出すると、ウェイド・バンニーキルク(20秒02)、アダマ・ジャメ英語版(20秒45)に次ぐ20秒55(+1.8)で銅メダルを獲得した[6]

2016年8月のリオデジャネイロオリンピックではリベリア代表選手団の旗手を務めた[7]。出場した男子100mは10秒31(-0.5)で予選敗退に終わり[8]男子200mは自己ベスト(20秒44)に迫る20秒49(+0.3)のリベリア新記録を樹立するも予選敗退に終わった[9]

2018年12月、アメリカのプロレス団体WWEのトライアウトを受験した[10]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒14 (+1.1) 2016年3月18日 アメリカ合衆国の旗 レッドランズ [注 1]
9秒93w (+2.8) 2017年6月13日 アメリカ合衆国の旗 サンマルコス 追い風参考記録
200m 20秒44 (+0.9) 2016年4月16日 アメリカ合衆国の旗 ノーウォーク [注 1]
室内
60m 6秒58 2016年4月16日 アメリカ合衆国の旗 マンケイト [注 1]
200m 21秒13 2016年2月12日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ [注 1]

リベリア記録[編集]

種目 記録 年月日 場所
屋外
200m 20秒49 (+0.9) 2016年8月16日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2016 アフリカ選手権 (en 南アフリカ共和国の旗 ダーバン 100m 5位 10秒24 (+2.4)
200m 3位 20秒55 (+1.8)
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 100m 予選4組6着 10秒31 (-0.5)
200m 予選3組5着 20秒49 (+0.3) リベリア記録
2017 世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 100m 準決勝2組6着 10秒20 (-0.2)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 100m(10秒15)と200m(20秒49)と室内60m(6秒67)と室内200m(21秒33)のリベリア記録を上回っているが、リベリア人として競技可能になったのは2016年6月11日からのため[5]、リベリア記録にはならない。

出典[編集]

  1. ^ Matadi Set to Compete at Rio Olympics”. ミネソタ州立大学マンケート校 (2016年7月12日). 2017年3月27日閲覧。
  2. ^ From St. Paul to Rio, track opened doors for Emmanuel Matadi”. Pioneer Press(St. Paul News, Sports and Things To Do) (2016年8月12日). 2017年3月27日閲覧。
  3. ^ Madati Wins 100 & 200m National Championship as MSU Finishes Seventh at Outdoor Championships”. Northern Sun Intercollegiate Conference (2015年5月23日). 2017年3月27日閲覧。
  4. ^ Rio 2016 Olympic Games athlete biographies - men(M-5ページ参照) 国際陸上競技連盟 (PDF, 3.1 MB) 2017年03月27日閲覧
  5. ^ a b IAAF Newsletter(NEWS 174 - June 2016) 国際陸上競技連盟 (PDF, 36.8 KB) 2017年05月21日閲覧
  6. ^ Liberia’s Results at the 2016 African Senior Championships”. A LIBERIAN OLYMPIC BLOG (2016年6月26日). 2017年3月27日閲覧。
  7. ^ St. Paul sprinter Emmanuel Matadi bears Liberia’s flag and hopes”. Pioneer Press(St. Paul News, Sports and Things To Do) (2016年8月9日). 2017年3月27日閲覧。
  8. ^ 第31回オリンピック男子100m予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2016年8月13日). 2017年3月27日閲覧。
  9. ^ 第31回オリンピック男子200m予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2016年8月16日). 2017年3月27日閲覧。
  10. ^ WWE.com:Former UFC fighter, Olympic athlete and independent standouts among prospects at WWE tryout
記録
先代:
Sayon Cooper
(20秒50)
2000年5月21日
男子200m
リベリア記録保持者
(20秒49)

2016年8月16日 -
次代:
未定
夏季オリンピック
先代:
Phobay Kutu-Akoi
(女子陸上競技選手)
2012 ロンドン
リベリア選手団の旗手
2016 リオデジャネイロ
次代:
未定
2020 東京