エマヌエル・イプシランティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エマヌエル・イプシランティFürst Emanuel Ypsilanti, 1877年4月30日 パリ - 1940年12月17日 ウィーン)は、ギリシャ人の貴族、政治家、外交官。公爵

在墺ギリシャ大使グレゴール・イプシランティギリシャ語版公爵[1]とその妻の男爵令嬢ヘレーネ・フォン・シナ(1845年 - 1893年)の間の長男として生まれた。父はファナリオティス家門の1つイプシランティ家の末裔で、ギリシャ独立戦争の英雄アレクサンドル・イプシランティ公爵の甥にあたる。母はオーストリア=ハンガリー(二重帝国)ヴラーフ系ギリシャ人銀行家一族シナ家の当主シモン・フォン・シナ男爵の娘である。長姉シャリクレー(1863年 - 1912年)はホーエンローエ=シリングスフュルスト侯フィリップ・エルンストに嫁いだ。

ウィーンのショッテン中等教育学校ドイツ語版を卒業後、アテネ大学ローマ・ラ・サピエンツァ大学フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ベルリンライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボンで法学を学んだ。1899年、プロイセン王家と縁故の深いボルシア・ボン友愛会ドイツ語版のメンバーとなった[2]。学業を終えると、志願消防隊の大尉をしながら[3]、ウィーンとラッポルテンキルヒェンで暮らした。1909年に創設されたオーストリア犬学協会ドイツ語版の初代会長となった。

1920年代までの王制時代にはギリシャ政府に仕え、ケルキラ県行政長官[4]、国会議員、大使、内務大臣などを歴任した。ギリシャ王制が崩壊して第二共和国時代に入るとオーストリアに戻り、弟と共同で所有していたラッポルテンキルヒェン城(ニーダーエスターライヒ州ジークハルツキルヒェンドイツ語版)で余生を送った[5]

彼はエスメラルダ・フォン・ガレオッティ(1875年 - 1929年)と結婚した。孫息子の1人マノリス・イプシランティ(1944年 - )は、ドイツ社会民主党所属の政治家アンドレア・イプシランティドイツ語版の元夫である。

引用[編集]

  1. ^ Ypsilanti, Gregor Fürst auf www.deutsche-biographie.de
  2. ^ Kösener Korpslisten 1910, 19, 717
  3. ^ 1883 - Gründung der Freiwilligen Feuerwehr Rappoltenkirchen auf www.ff-rappoltenkirchen.at
  4. ^ Ekrem Bey Vlora: Lebenserinnerungen, Band 2, 1912 bis 1925, 1973, S. 101
  5. ^ Roman Sandgruber: Traumzeit für Millionäre: Die 929 reichsten Wienerinnen und Wiener im Jahr 1910, 2013, S. 466

参考文献[編集]

  • Friedrich Karl Devens: Biographisches Corpsalbum der Borussia zu Bonn 1827–1902. Düsseldorf, 1902, S. 244.
  • G. G. Winkel: Biographisches Corpsalbum der Borussia zu Bonn 1821–1928. Aschaffenburg 1928, S. 241.