エミール・フォン・フーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

エミール・フォン・フーフEmil von Hoegh1865年 - 1915年)は、ドイツ生まれのレンズ設計者。文献によっては「ヘヨーグ」と表記するものがある。

古いデンマーク貴族の子孫で、シレジア地方に生まれ、ベルリンカール・バンベルヒCarl Bamberg )とホッケンハイムハートマン・ウント・ブラウンHartmann & Braun GmbH & Co. KG )で働いた。1891年フリーデナウのパウル・ヴェヒターに入社。

アナスチグマートを満たす対称型6枚構成の新型写真レンズを独学にて設計し、カール・ツァイスに売り込んだが採用されず、1892年ゲルツに就職した。このレンズは特許を取得し、ドッペルアナスチグマート・ゲルツDoppel-Anastigmat Görz )として販売され市場から高い評価を得た。1904年に頭文字を取ってダゴールと改称された。

また4枚構成のレンズを設計し、ドッペルアナスチグマート・ゲルツIbとして発売し、これは後にセロールと改称された。

この他1900年に広角レンズハイペルゴンを設計している。

1902年健康上の理由で退職し、ロストック、ゴスラーに居住した。

参考文献[編集]

  • ルドルフ・キングスレーク著『写真レンズの歴史』朝日ソノラマ ISBN 4-257-12021-5, P.220.
  • 『クラシックカメラ専科No.23、名レンズを探せ!トプコン35mmレンズシャッター一眼レフの系譜』朝日ソノラマ