エムスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エムスリー株式会社
M3, Inc.
Akasaka Intercity 190912a2.jpg
本社が入居する赤坂インターシティ
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社[1]
市場情報
東証1部 2413
2004年9月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂一丁目11番44号
赤坂インターシティ10階
設立 2000年(平成12年)9月29日
業種 サービス業
法人番号 1010401063016 ウィキデータを編集
代表者 谷村 格(代表取締役社長)
資本金 290億36百万円
(2021年3月31日現在)
発行済株式総数 323,701,536株
売上高 連結:1619億98百万円
(2021年3月期)
営業利益 連結:579億72百万円
(2021年3月期)
純利益 連結:378億22百万円
(2021年3月期)
純資産 連結:2072億60百万円
(2021年3月31日現在)
総資産 連結:2731億23百万円
(2021年3月31日現在)
従業員数 連結:7,172人、単独:473人
(2020年3月31日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 PwCあらた有限責任監査法人[2]
主要株主 ソニー(株) 34.0%
(2017年3月31日現在)
主要子会社 エムスリーキャリア(株) 51.0%
エムスリーマーケティング(株) 100% 他
外部リンク corporate.m3.com
テンプレートを表示

エムスリー株式会社: M3, Inc.)は、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com」のサービスを行っている企業である。ソニー株式会社の関係会社である。 2017年には米フォーブス誌による、世界で最も革新的な成長企業ランキングにおいて世界5位(日本企業では1位)に選出されている。2000年以降創業で唯一日経225銘柄にも選ばれている。国内30万人以上、世界600万人以上の医師が利用するプラットフォームを有する。

概要[編集]

インターネットを活用した医療関連事業を行うために、ソニーコミュニケーションネットワーク(現 ソニーネットワークコミュニケーションズ、通称 So-net)の出資により設立された。 医師・医療従事者向けの医療情報ポータルサイト「m3.com」[注 1]を運営している。

社名のエムスリーは、Medicine(医療)・Media(メディア)・Metamorphosis(変革)の3つの言葉の頭文字に由来している。

沿革[編集]

  • 2000年9月 - 会社設立
  • 2000年10月 - 「MR君」提供開始
  • 2002年3月 - ウェブエムディ株式会社より、医療情報サイト「WebMD Japan」の運営を引き継ぐ
  • 2002年8月 - 調査サービス「リサーチ君」提供開始。医療情報サイト「WebMD Japan」を「so-net m3.com」に名称変更
  • 2003年1月 - ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(現 ソネットエンタテイメント株式会社)より、医療情報サイト「MediPro/MyMedipro」を営業譲受
  • 2003年2月 - 医薬品マーケティング業務一括代行サービス「MR君eCSO」提供開始
  • 2003年7月 - 並行して運営してきた「MyMedipro」と「so-net m3.com」の2つの医療情報サイトを統合、医療専門サイト「m3.com」運営開始
  • 2003年10月 - So-net M3 USA Corporation(現M3 USA Corporation)設立
  • 2003年11月 - 「m3 MT」提供開始
  • 2004年4月 - 医師向け求人求職支援サービス「m3.com CAREER」提供開始
  • 2004年9月 - 東京証券取引所マザーズ市場上場
  • 2005年6月 - 韓国Medi C&C Co.,Ltd.を子会社化
  • 2005年9月 - 「QOL君」提供開始
  • 2005年12月 - 初のコンシューマー向けサービス「AskDoctors」提供開始
  • 2006年6月 - アメリカMDLinx, Inc.を子会社化
  • 2007年3月 - 東京証券取引所市場第一部へ上場市場を変更
  • 2008年6月 - アイチケット株式会社を子会社化
  • 2009年3月 - So-net M3 USA CorporationがMDLinx, Inc.を吸収合併
  • 2009年4月 - メビックス株式会社を子会社化
  • 2009年12月 - エムスリーキャリア株式会社を設立
  • 2010年1月 - エムスリー株式会社へ商号変更
  • 2011年8月 - イギリスDoctors.net.uk Limitedを子会社化
  • 2012年8月 - 株式会社MICメディカルを子会社化
  • 2012年10月 - 株式会社シィ・エム・エスを子会社化
  • 2013年11月 - 中国での事業を開始
  • 2014年2月 - 株式会社メディサイエンスプラニングを子会社化
  • 2016年8月 - インドでの事業を開始
  • 2016年12月 - Vidal Groupを子会社化し、フランス、ドイツ、スペインでの事業を開始
  • 2017年11月 - 北欧最大の医師調査パネルQQFSを子会社化
  • 2018年2月 - アメリカWake Researchを子会社化し、治験事業に参入
  • 2021年4月 - m3.com医師会員数が30万人を突破(国内全医師の92%)

連結子会社[編集]

日本[編集]

  • アイチケット株式会社
  • 株式会社インサイト・アイ
  • 株式会社インフロント
  • エダンズ株式会社
  • エムスリーエデュケーション株式会社
  • エムスリーキャリア株式会社
  • エムスリークリニックエステート株式会社
  • エムスリーデジカル株式会社
  • エムスリーデジタルコミュニケーションズ株式会社
  • エムスリーマーケティング株式会社
  • 株式会社エムプラス
  • 株式会社QLife
  • クリニカルポーター株式会社
  • コスモテック株式会社
  • 株式会社シィ・エム・エス
  • 株式会社シーユーシー
  • 株式会社シーユーシー・ホスピス
  • 株式会社ジャメックス
  • ソフィアメディ株式会社
  • 株式会社日本アルトマーク
  • 株式会社 ヌーベルプラス
  • ノイエス株式会社
  • 株式会社メディサイエンスプラニング
  • メビックス株式会社
  • リノ・メディカル株式会社
  • REXA株式会社
  • 株式会社ワイズ

海外[編集]

  • IQUS Limited (英国)
  • M Panels Research Services Private Limited (インド)
  • M3 (EU) Limited (英国)
  • M3 USA Corporation (アメリカ合衆国)
  • M3 Wake Research, Inc. (アメリカ合衆国)
  • Medi C&C Co.,Ltd. (韓国)
  • Medizinische Medien Informations GmbH (ドイツ)
  • NAS Recruitment Innovation, Inc.(米国)
  • Neuroglia Health Private Limited (インド)
  • PracticeMatch Corporation(米国)
  • The Medicus Firm, Inc.(米国)
  • VIDAL France S.A. (フランス)
  • VIDAL Holding Germany GmbH(ドイツ)
  • VIDAL Vademecum Spain, S.A. (スペイン)
  • Weda SAS(フランス)

持分法適用関連会社[編集]

  • 株式会社empheal
  • 株式会社SENSEAID
  • HYUGA PRIMARY CARE株式会社
  • 株式会社ビジョナリーホールディングス
  • メディギア・インターナショナル株式会社
  • LINEヘルスケア株式会社
  • Medlive Technology Co., Ltd.(中国)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 旧 WebMD Japan、So-net m3.com 、MediPro

出典[編集]

  1. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年2月2日閲覧
  2. ^ 株主総会招集通知 2021年2月2日閲覧