エムズシティ知立 ザ・タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エムズシティ知立 ザ・タワー
M's City Chiryu The Tower.jpg
施設情報
所在地 〒472-0037
愛知県知立市栄一丁目18番他
座標 北緯35度00分24.3秒 東経137度02分26.7秒 / 北緯35.006750度 東経137.040750度 / 35.006750; 137.040750座標: 北緯35度00分24.3秒 東経137度02分26.7秒 / 北緯35.006750度 東経137.040750度 / 35.006750; 137.040750
状態 完成
着工 2016年8月
竣工 2018年10月
用途 マンション集合住宅
各種諸元
階数 地上21階・地下1階
敷地面積 3,222.20
建築面積 2,498.52
延床面積 18,070.78
構造形式 鉄筋コンクリート造
(一部鉄骨造免震構造
戸数 107戸
関連企業
設計 岡田建築計画事務所・アール・アイ・エー共同企業体(JV)
施工 鉄建建設株式会社名古屋支店
デベロッパー 名鉄不動産株式会社
テンプレートを表示

エムズシティ知立 ザ・タワー(エムズシティちりゅう ザ・タワー)は、愛知県知立市栄一丁目の高層マンション集合住宅)。愛称は公募により「エキタス知立」

特徴[編集]

名鉄名古屋本線三河線知立駅から北に徒歩約1分の場所にある。地上21階・地下1階建て。最頂部は地上約70メートルであり、知立市でもっとも高い建築物となる予定である。1階と2階が店舗であり、4階から21階が分譲住宅(マンション)である。2016年8月に着工し、2018年10月に完成、2019年1月に入居開始をした。

歴史[編集]

名鉄知立駅

名鉄知立駅知立市の中心駅であり、名古屋本線三河線が接続する交通の便の良い場所である。しかし知立駅は地上駅であることから慢性的な渋滞が発生しており、駅周辺の土地区画整理事業も遅れていた。

名鉄は2000年度から知立駅付近連続立体交差事業に着手し(2000年度 - 2023年度予定)、知立駅を3階建ての高架駅とする予定である。これに合わせて知立市などは、1999年度から知立駅周辺土地区画整理事業を行い(1999年度 - 2026年度予定)、知立駅前広場の7,200m2への拡張、2,300m2の駅前公園の設置、6,200m2の堀切公園の設置、幅員約30メートルの南北の道路の建設などを計画した。

区画整理事業と一体的に行われる市街地再開発事業の住居部分として、市街地再開発組合などは2013年度から知立駅北地区第一種市街地再開発事業(2013年度 - 2019年度予定)に着手し、その核としてエムズシティ知立 ザ・タワーが建設される。知立駅北地区第一種市街地再開発事業では住宅棟であるザ・タワーのほかに、6階建の駐車場棟、2階建の独立店舗棟が建設された。

交通アクセス[編集]