エメリヤーエンコ・アレキサンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エメリヤーエンコ・アレキサンダー
Aleksander Emelianenko.jpg
基本情報
本名 アレクサンドル・ウラジーミロヴィチ・エメリヤーネンコ
(: Алекса́ндр Влади́мирович Емелья́ненко)
(: Aleksandr Vladimirovich Emelyanenko)
通称 最強皇帝の弟
刺青雷帝
レッドデビル
ザ・ウォーリア
グリムリーパー
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1981-08-02) 1981年8月2日(38歳)
出身地 Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svgロシア・ソビエト社会主義共和国
ベルゴロド州スタールイ・オスコル
所属 レッドデビル・スポーツクラブ
→フリーランス
→AE Team
→ Akhmat Fight Club Chechnya
身長 194cm
体重 116kg
リーチ 202cm
階級 ヘビー級
バックボーン コマンドサンボ柔道
テーマ曲 I AM ALEXSANDER
テンプレートを表示
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
男子 コンバットサンボ
世界サンボ選手権
2003 ロクブリュヌ=カップ=マルタン 100kg超級
2004 プラハ 100kg超級
2006 タシュケント 100kg超級
ワールドコンバットゲームズ
2010 北京 100kg超級

エメリヤーエンコ・アレキサンダーロシア語: Александр Емельяненко英語: Alexander Emelianenko1981年8月2日 - )は、ロシア男性総合格闘家ロシア連邦共和国ベルゴロド州スタールイ・オスコル出身。Akhmat Fight Club Chechnya所属。ウクライナ出身の両親の元に生まれ、国籍はロシアだが、民族的にはロシア人ではなく、ウクライナ人である。

エメリヤーエンコ・ヒョードルの実弟。兄(182cm)を大きく上回る巨体(192cm)に、高いボクシングテクニックと身体能力を併せ持つ。序盤からアグレッシブに攻め込むファイトスタイルで、KO率も高い。ヒョードルも「近い将来、サーシャ(アレキサンダーの愛称)が一番の脅威となるであろう」と話す。

なお、兄ヒョードルと同様日本での表記は母国ロシアと逆で姓・名の順となる。

来歴[編集]

2003年、世界サンボ選手権コンバットサンボ100kg超級優勝、アマチュアサンボ公式戦戦績10勝無敗の戦績があるが、それ以前の経歴に関しては、刑務所に収監されていたため、公式上は白紙である。

2003年10月5日、総合格闘技デビュー戦となったPRIDE 武士道アスエリオ・シウバと対戦し、苦戦したものの終始試合をコントロールし僅差の判定勝ち。デビュー戦を白星で飾った。

2004年8月15日、PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦ミルコ・クロコップと対戦し、左ハイキックでKO負け。「この敗戦は怒りを覚えるほど悔しかった」と本人が話すようにこの敗戦を機に、練習に対する姿勢を改め、ヒョードルに従いトレーニング内容も高度なものをこなすようになった。結果、以前よりも身体が絞り込まれ、スパーリングパートナーも驚くほどに立ち技が上達したと言う[1][2]

2004年10月9日、M-1 Globalでのカーロス・バヘット戦では判定勝利。その後ジェームス・トンプソンヒカルド・モラエスレネ・ローゼといった巨漢との試合が続くも、すべての試合を30秒かからずKO勝利した。

2005年12月31日、PRIDE 男祭り 2005でオリンピック柔道金メダリストのパウエル・ナツラと対戦し、スリーパーホールドで一本勝ちを収めた。

2006年5月5日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦のGP1回戦でジョシュ・バーネットと対戦。序盤は打撃で優勢に立つも、2Rにスタミナ切れを起こし、V1アームロックで一本負け。

2006年9月10日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦のリザーブマッチで、かつてのチームメイトセルゲイ・ハリトーノフと対戦し、パウンドでTKO勝ち。

2006年11月12日、オランダで開催された2 Hot 2 Handleでファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、肩固めで一本負け。

2007年4月14日、初参戦となったBodogFightでエリック・ペレと対戦し、1RKO勝ち。

2007年10月19日、カナダで行われたHCFダン・ボビッシュと対戦し、フロントチョークで一本勝ち。

2008年7月19日に行われたAffliction: Bannedにてポール・ブエンテロと対戦予定であったが、大会前の血液検査の結果により出場停止となった。兄ヒョードルは「血液検査の結果により出場停止となったことは確かだが、詳細は分からない」とインタビューで答えている[3]。関係者からはC型肝炎に感染している可能性が示唆された。

2009年、所属していたレッドデビルを離脱し、フリーランスとなった[4]。3月29日のProFCではかつての同門イブラヒム・マゴメドフと対戦し、カットによるTKO勝ちを収めた。マゴメドフとは2012年に再戦し、この試合もドクターストップで勝利を収めている。

2010年、ロシアのProFCでエディ・ベンスンとproFCヘビー級ワンマッチで対戦で1ラウンド40秒KO勝ち。

同年5月22日に行われたアゼルバイジャンのAPFでミオドラグ・ペトコヴィッチにKO勝ち

しかし2010年12月18日にハバロスクで行われたDRAKAでピーターグラハムと変則30秒ルールで対戦したがKO負け

2012年11月15日にM-1 Challenge 35でジェフ・モンソンと対戦。2Rにモンソンの得意技ノースサウスチョークで一本負け。試合後アレキサンダーはモンソンに再戦を求めたが、その後街での喧嘩が原因となりM-1 Globalをリリースされた。

2013年5月25日にモスクワで開催されたLegendにてボブ・サップと対戦。打撃で1ラウンドKO勝ち。この試合でアレキサンダーは髭を長く伸ばし、試合に臨んでいた。

2014年1月25日に開催されたColiseum FC: New History 2でディミトリー・ソスノフスキーと対戦し1ラウンドに打撃でKO負けとなった。

3年後の2017年に復帰しWorld Fighting Championship Akhmatに参戦。ジェロニモ・ドス・サントス、ヴァージル・ツウィッカーと対戦し、どちらも1ラウンド以内に打撃でKO勝ちを収めている。

2018年5月5日にRCC: Russian Cagefighting Championship 2で元UFCランカーのガブリエル・ゴンザーガと対戦。ゴンザーガはこの試合が2016年のデリック・ルイス戦以降2年振りの復帰戦であった。1Rはペースを掴まれテイクダウンを奪われる場面などがあったものの、2Rに打撃のラッシュでKO勝ちを収めた。

2018年8月15日にWorld Fighting Championship Akhmat 50でトニー・ジョンソンと対戦。3ラウンドを戦い抜き、人生初の引き分けとなった。

人物・エピソード[編集]

  • 2004年に結婚。2007年には子供も一人誕生している。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
28 20 5 3 0 1 0
7 4 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
トニー・ジョンソン 5分3R終了 ドロー World Fighting Championship Akhmat 50 2018年8月18日
ビクトー・ペスタ 2R 3:52 TKO(パンチ連打) RCC: Russian Cagefighting Championship 3 2018年6月9日
ガブリエル・ゴンザーガ 2R 3:43 TKO(膝蹴り) RCC: Russian Cagefighting Championship 2 2018年5月5日
シモン・バヨル 1R 3:03 TKO (スタンドパンチ連打) Battle on Volga 3 2018年3月5日
ヴァージル・ツウィッカー 1R 2:56 TKO (スタンドパンチ連打) WFCA44 2017年12月17日
ジェロニモ・ドス・サントス 1R 0:36 TKO (スタンドパンチ連打→パウンド) WFCA 42 2017年9月27日
× ディミトリー・ソスノフスキー 1R 1:43 TKO(パンチ連打) Coliseum FC: New History 2 2014年1月25日
ジョゼ・ホドリゴ・ゲウケ 1R 4:10 TKO(パンチ連打) ProFC 49: Resurrection 2013年7月4日
ボブ・サップ 1R 1:18 TKO(パウンド) Legend: Emelianenko vs. Sapp 2013年5月25日
× ジェフ・モンソン 2R 3:17 ノースサウスチョーク M-1 Challenge 35: Emelianenko vs. Monson 2012年11月15日
コンスタンチン・グルチョフ 5分3R終了 判定3-0 M-1 Challenge 34: Emelianenko vs. Gluhov 2012年9月30日
イブラヒム・マゴメドフ 2R終了時 TKO(ドクターストップ) M-1 Challenge 33: Emelianenko vs. Magomedov 2 2012年6月6日
タダス・リンケビュチス 2R 1:52 TKO(パンチ連打) M-1 Challenge 31: Monson vs. Oleinik 2012年3月16日
トレジェン・アキルベコフ 1R 4:32 チキンウィングアームロック Bushido Lithuania: vol.50 2011年12月21日
× マゴメド・マリドフ 1R 0:23 KO(パンチ) M-1 Challenge 28: Emelianenko vs. Malikov 2011年11月12日
× ピーター・グラハム 2R 2:59 TKO(ローキック) Draka: Governor's Cup 2010 2010年12月18日
ミオドラグ・ペトコヴィチ 1R 3:00 TKO(パンチ連打) APF: Azerbaijan vs. Europe 2010年5月22日
エディ・ベンスン 1R 0:40 TKO(パンチ連打) ProFC: Commonwealth Cup
【ProFCヘビー級タイトルマッチ】
2010年4月23日
イブラヒム・マゴメドフ 1R 0:51 TKO(パンチ連打) ProFC: Russia vs. Europe 2009年3月29日
イ・サンス 1R 2:40 TKO(パウンド) M-1 Challenge 9: Russia 2008年11月21日
シルビオ・サントス 1R 1:35 TKO(パンチ連打) M-1 Challenge 2: Russia 2008年4月3日
ダン・ボビッシュ 1R 1:09 フロントチョーク HCF: Title Wave 2007年10月19日
ジェシー・ギブソン 1R チキンウィングアームロック M-1 MFC: Battle on the Neva 2007年7月21日
エリック・ペレ 1R 4:07 KO(パンチ) BodogFight: Clash of the Nations 2007年4月14日
× ファブリシオ・ヴェウドゥム 1R 3:24 肩固め 2H2H: Pride & Honor 2006年11月12日
セルゲイ・ハリトーノフ 1R 6:45 TKO(パウンド) PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦
【無差別級グランプリ リザーブマッチ】
2006年9月10日
× ジョシュ・バーネット 2R 1:57 V1アームロック PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦
【無差別級グランプリ 1回戦】
2006年5月5日
パウエル・ナツラ 1R 8:45 スリーパーホールド PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI- 2005年12月31日
レネ・ローゼ 1R 0:28 TKO(膝蹴り→パウンド) Bushido Europe: Rotterdam Rumble 2005年10月9日
ヒカルド・モラエス 1R 0:15 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE 武士道 -其の六- 2005年4月3日
ジェームス・トンプソン 1R 0:12 KO(左フック) PRIDE.28 2004年10月31日
カーロス・バヘット 5分3R終了 判定3-0 M-1 MFC: Middleweight GP 2004年10月9日
× ミルコ・クロコップ 1R 2:09 KO(左ハイキック→パウンド) PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦 2004年8月15日
マット・"ザ・ツイン・タイガー" 1R 3:16 スリーパーホールド PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
アンジェロ・アロウージョ 2R 4:28 TKO(左目尻カット) INOKI BOM-BA-YE 2003 馬鹿になれ夢を持て 2003年12月31日
アスエリオ・シウバ 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 2003年10月5日

獲得タイトル[編集]

  • 世界サンボ選手権 コンバットサンボ 100kg超級 優勝(2003年)
  • 世界サンボ選手権 コンバットサンボ 100kg超級 優勝(2004年)
  • 世界サンボ選手権 コンバットサンボ 100kg超級 優勝(2006年)
  • ProFCヘビー級王座(2010年)

脚注[編集]

  1. ^ 【PRIDE武士道】4.3 ヒョードル&アレキサンダーが意気込みを語る GBR 2005年3月9日
  2. ^ ヒョードル&アレキサンダー兄弟が来日 PRIDE公式サイト 2005年4月1日(Internet Archive)
  3. ^ 「Affliction-2」に参戦したいですが、可能かどうかはまだ分かりません。 エメリヤーエンコ・ヒョードル公式サイト 2008年8月8日
  4. ^ News archive: 2009 エメリヤーエンコ・アレキサンダー公式サイト 2009年3月3日