エモーションズ (マライア・キャリーのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エモーションズ
マライア・キャリースタジオ・アルバム
リリース
録音 1991年
ジャンル ポップス
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース トミー・モトーラ[1]
マライア・キャリー
ウォルター・アファナシェフ
デヴィッド・コール
ロバート・クリヴィリス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間3位日本[2]
  • 週間4位アメリカ[3]イギリス[4]
  • 週間5位(カナダ[5]
  • ゴールドディスク
  • 4×プラチナアメリカ[6]日本[7]、カナダ[8]
  • プラチナイギリス[9]
  • マライア・キャリー 年表
    マライア
    1990年
    Emotions
    (1991年)
    ヴィジョン・オブ・ライヴ
    1992年
    『エモーションズ』収録のシングル
    1. 「エモーションズ」
      リリース: 1991年8月13日
    2. 「キャント・レット・ゴー」
      リリース: 1991年10月23日
    3. 「メイク・イット・ハップン」
      リリース: 1992年4月4日
    テンプレートを表示

    エモーションズ』(Emotions)は、米国歌手マライア・キャリー1991年にリリースした2枚目のスタジオ・アルバム

    概要[編集]

    デビューアルバム『マライア』から約1年3ヵ月振りのアルバム。プロデューサーには、当時注目を集めつつあったC+C ミュージック・ファクトリー英語版(デヴィッド・コールとロバート・クリヴィリスの2人による音楽ユニット)と、前作に引き続きウォルター・アファナシェフが起用されている[10]

    今作は全米アルバムチャート最高4位、全世界で800万枚[11][12]、日本で100万枚[11][12]のセールスを記録した。

    1stシングル「エモーションズ」は全米シングルチャート3週連続1位を記録し[13]、デビューから5曲連続での首位獲得は同チャートの史上最多記録となった[14]。続く2ndシングル「キャント・レット・ゴー」は全米2位、3rdシングル「メイク・イット・ハップン」は全米5位を記録した[13]

    また、この曲はマライアのコンサートでよく歌われており、コンサートの景気付けにかかせない曲となっている[要出典]。このアルバムの作品の中には、ゴスペルからの影響を受けている曲が多く見られる[要出典]

    日本におけるCMタイアップは、本作2曲目に収録されている「アンド・ユー・ドント・リメンバー」が、ソニーMDキャンペーンソングに起用された。

    収録曲[編集]

    #タイトル作詞作曲プロデュース時間
    1.「エモーションズ」(Emotions)マライア・キャリーキャリー、ロバート・クリヴィリス、デヴィッド・コールキャリー、クリヴィリス、コール
    2.「アンド・ユー・ドント・リメンバー」(And You Don't Remember)キャリーキャリー、ウォルター・アファナシェフキャリー、アファナシェフ
    3.「キャント・レット・ゴー」(Can't Let Go)キャリーキャリー、アファナシェフキャリー、アファナシェフ
    4.「メイク・イット・ハップン」(Make It Happen)キャリーキャリー、クリヴィリス、コールキャリー、クリヴィリス、コール
    5.「イフ・イッツ・オーヴァー」(If It's Over)キャリー、キャロル・キングキャリー、キングキャリー、キング
    6.「ユア・ソー・コールド」(You're So Cold)キャリー、コールキャリー、コールキャリー、クリヴィリス
    7.「ソー・ブレッスト」(So Blessed)キャリーキャリー、アファナシェフキャリー、アファナシェフ
    8.「トゥ・ビー・アラウンド・ユー」(To Be Around You)キャリー、クリヴィリスキャリー、クリヴィリスキャリー、コール
    9.「ティル・ジ・エンド・オブ・タイム」(Till the End of Time)キャリーキャリー、アファナシェフキャリー、アファナシェフ
    10.「ザ・ウインド」(The Wind)キャリーキャリー、ラス・フリーマン[15]キャリー

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ エグゼクティブ・プロデューサー
    2. ^ マライア・キャリー『インタビュー初登場&野外ライブレポ!』”. ORICON STYLE (2005年4月6日). 2016年10月31日閲覧。
    3. ^ Mariah Carey – Chart history”. Billboard. 2016年10月31日閲覧。
    4. ^ Mariah Carey|full Official Chart History”. Official Charts Company. 2016年10月31日閲覧。
    5. ^ Top Albums/CDs - Volume 54, No. 22, November 02 1991”. RPM. 2016年10月31日閲覧。
    6. ^ Gold & Platinum - RIAA”. 2016年10月31日閲覧。
    7. ^ 一般社団法人 日本レコード協会
    8. ^ Gold/Platinum - Music Canada
    9. ^ BPI Certified Awards
    10. ^ CDJapan: Emotions (Blu-spec CD2) Mariah Carey CD Album”. Neowing. 2016年10月31日閲覧。
    11. ^ a b エモーションズ”. SonyMusic. 2016年10月31日閲覧。
    12. ^ a b マライア・キャリー『グレイテスト・ヒッツ英語版』日本盤(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、SICP-77〜8)付属ライナーノーツ、8頁。
    13. ^ a b プロフィール|Mariah Carey (マライア・キャリー)”. ローチケHMV. ローソンHMVエンタテイメント. 2016年10月31日閲覧。
    14. ^ マライア・キャリー 特集”. Neowing. 2016年10月31日閲覧。
    15. ^ ピアニスト