エラリー・クイーンの冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
エラリー・クイーンの冒険
The Adventure of Ellery Queen
著者 エラリー・クイーン
発行日 1934年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 エラリー・クイーンの新冒険
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

エラリー・クイーンの冒険』(エラリー・クイーンのぼうけん、The Adventure of Ellery Queen )は、1934年に刊行されたエラリー・クイーン推理小説短編集。

収録作品[編集]

アフリカ旅商人の冒険(The Adventure of the African Traveler[編集]

首つりアクロバットの冒険(The Adventure of the Hanging Acrobat[編集]

1ペニー黒切手の冒険(The Adventure of the One-Penney Black[編集]

ひげのある女の冒険(The Adventure of the Bearded Lady[編集]

  • 財産をもった未亡人が死亡するが、前妻の二人の子供ではなく、遠縁の姪とかかりつけの医師に遺産を残す。その医師も絵を描いている最中に殺されるが、絵の中の女性には髭が描かれていた。

三人のびっこの男の冒険(The Adventure of the Three Lame Men[編集]

見えない恋人の冒険(The Adventure of the Invisible Lover[編集]

チークのたばこ入れの冒険(The Adventure of the Teakwood Case[編集]

双頭の犬の冒険(The Adventure of the Two-Headed Dog[編集]

ガラスの丸天井付時計の冒険(The Adventure of the Glass-Domed Clock[編集]

  • 骨董店の主人が殺されたが、手に二つのものを握っていた。ガラスの丸天井付き時計と紫水晶は一体誰を示しているのか?クイーン得意の ダイイング・メッセージもの。

七匹の黒猫の冒険(The Adventure of the Seven Black Cats[編集]

奇妙なお茶会の冒険(The Mad Tea Party[1][編集]

備考[編集]

  • 第11話「奇妙なお茶会の冒険」は『刑事コロンボ』原作者リチャード・レビンソンとウイリアム・リンクによるTVドラマ『エラリー・クイーン』の23話として映像化されている[2]

書誌情報[編集]

  • 『エラリー・クイーンの冒険』(東京創元社 創元推理文庫104-15 1961年、1996年59版(新装版) ISBN 4-488-10415-0 )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エラリー・クイーンの冒険』東京創元社(創元推理文庫104-15)には未収録。当該短編のみ『世界短編傑作集4』(創元推理文庫100-4)に「キ印ぞろいのお茶の会の冒険」のタイトルで収録されている。
  2. ^ ドラマの台本が『ミステリの女王の冒険』(論創社)に収録。