エリオット・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリオット・ジョンソン
Elliot Johnson
ロサンゼルス・ドジャース (マイナー)
Elliot Johnson on May 7, 2013.jpg
ロイヤルズ時代(2013年5月7日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州サフォード
生年月日 (1984-03-09) 1984年3月9日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
プロ入り 2002年 アマチュア・フリーエージェントとしてタンパベイ・デビルレイズと契約
初出場 2008年4月5日 ニューヨーク・ヤンキース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エリオット・タイラー・ジョンソンElliot Tyler Johnson, 1984年3月9日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州サフォード出身のプロ野球選手内野手)。右投両打。MLBロサンゼルス・ドジャース傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代とレイズ時代[編集]

2002年6月29日タンパベイ・デビルレイズと契約。

2008年に開幕ロースター入りを果たし、4月5日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビュー。

ロイヤルズ時代[編集]

2013年2月12日に前年12月に行われたジェームズ・シールズウィル・マイヤーズらが絡むトレードの後日発表選手としてカンザスシティ・ロイヤルズに移籍した。

ブレーブス時代[編集]

2013年8月15日DFAとなり、8月19日に解雇された。8月22日ウェーバーアトランタ・ブレーブスへ移籍。移籍後は、正二塁手として活躍した。オフの12月2日FAとなった。

インディアンス時代[編集]

2014年1月27日クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだ[1]3月22日にインディアンスとメジャー契約を結び[2]、開幕ロースター入りした。開幕後は7試合に出場したが、打率.105と結果を残せず、5月3日にDFAとなった[3]5月8日にAAA級コロンバス・クリッパーズへ降格した。オフの10月にFAとなった。

ドジャース傘下時代[編集]

2015年2月23日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだが、3月31日に金銭トレードでロサンゼルス・ドジャースに移籍。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 43 (2008年)
  • 9 (2011年 - 2012年)
  • 23 (2013年 - 同年途中)
  • 30 (2013年途中 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ Indians invite INF Elliot Johnson to Major League camp”. MLB.com Indians Press Release (2014年1月27日). 2014年1月28日閲覧。
  2. ^ Indians release OF Jeff Francoeur”. ESPN MLB (2014年3月22日). 2014年3月23日閲覧。
  3. ^ Indians make several roster moves”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月3日). 2014年5月4日閲覧。