エリオ・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリオ・グレイシー
Helio Gracie in 2004.jpg
基本情報
本名 エリオ・グレイシー
(Hélio Gracie)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1913-10-01) 1913年10月1日
没年月日 (2009-01-29) 2009年1月29日(95歳没)
出身地 パラー州ベレン
身長 170 cm
体重 65 kg
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

エリオ・グレイシーHélio Gracie1913年10月1日 - 2009年1月29日)は、ブラジルの男性ブラジリアン柔術家であり、グレイシー柔術創始者。パラー州ベレン出身。ブラジリアン柔術赤帯十段。ガスタオン・グレイシー家の五男。

来歴[編集]

最初に学んだ格闘技は柔道または柔術[1][2]で16歳から始め、キャッチレスリングも始めた。

父ガスタオン・グレイシーから依頼された前田光世が兄カーロス・グレイシーやエリオを含む5人兄弟に柔道の技術と精神を教えた。その後、カーロスとエリオは、グレイシー柔術の技術体系を築き、エリオは「グレイシー柔術アカデミー」総裁となる。1930年代からバーリトゥードを戦い始め、約20年間無敗を誇りブラジルスポーツ界の英雄となる。

1932年1月16日、18歳の時にプロの試合で戦い始め、ボクサーのアントニオ・ポルトガルから40秒あまりで勝利した。

43歳の時、弟子であったヴァウデマー・サンターナと対戦。エリオより16歳若く、約30 kg重いサンターナと4時間近くの試合となったがKO負けとなり、この試合を最後に引退した。

2008年2月に、ヒクソン・グレイシーを会長とする全日本柔術連盟(JJFJ)の相談役に就任した。

90歳を過ぎてからも、道着に袖を通し道場に姿を現しては稽古、指導を行った。

2009年1月29日、リオデジャネイロ州ペトロポリス市イタイパバにおいて死去。95歳没。死因は自然死で、死去する10日前まで柔術の稽古、指導を行っていた。

2015年10月2日、リオデジャネイロはエリオの生誕日を記念して10月1日を「バーリトゥードの日」に制定した[3]

日本人柔道家との対戦[編集]

エリオ・グレイシー

1951年9月6日にブラジルリオデジャネイロで加藤幸夫とブラジリアン柔術ルールで対戦し、10分3ラウンド引き分け。9月23日に再戦し8分目で加藤を絞め落としエリオの一本勝ち。

1951年10月23日にブラジル・リオデジャネイロのマラカナン・スタジアム(観衆はブラジル大統領を含む3万人)で木村政彦と対戦(10分3ラウンド)。2R開始3分で大外刈からのキムラロック(本来の名称は柔道の腕がらみ。木村が掛けた技であるため、後にこう呼ばれる)で腕を取られ、エリオは意識がなくなっていた(一説に骨折したと言われている)ため兄のカーロスがタオルを投入し敗北した。この試合については作家増田俊也の『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』が綿密な取材と調査で最も詳細に書いているが、それによると、試合後は互いが互いの強さを讃え合った素晴らしい試合だったという。

他にも、矢野武雄、冨川富興、小野安一(2度対戦し2引き分け)らと対戦したが、木村以外に対しては不敗であった。

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三宅タロー、谷幸雄『対訳「The Game of Ju-jitsu」柔術の勝負』内田賢次(監修)、創英社、三省堂書店、日本(原著2013年8月8日)、3-4頁。ISBN 978-4-88142-811-5。
  2. ^ 石井勇吉、石井千秋『黒帯三代 南米紀行・米洲を征覇して』石井機械製作所、日本(原著1971年)。ISBN 978-4-10-330071-7。
  3. ^ Rio de Janeiro proclaims Oct. 1 as ‘Vale Tudo Day’ MMA Fighting 2015年10月2日

関連項目[編集]