エリザベス・ボンソール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エリザベス・ボンソール(Elizabeth Fearne Bonsall、1861年9月12日 - 1956年9月25日[1])はアメリカ合衆国の画家、挿絵画家である。犬や猫の本や、1927年に出版された版の「ハーメルンの笛吹き男」などの本の挿絵を描いた。

略歴[編集]

著書の表紙

ペンシルベニア州デラウェア郡に生まれた。父親は元海軍軍人で1853年から行われたエリシャ・ケント・ケーンの北極探検航海に参加した人物で南北戦争中は北軍に従軍し、後に児童養護施設の園長をした。

ペンシルベニア美術アカデミーで、ハワード・パイルトマス・エイキンズに学んだ。美術アカデミーが、アカデミーの展覧会に出展した優れた女性画家に与えるメアリー・スミス賞を1888年と1897年の2回、受賞している。パリにも留学し、アカデミー・コラロッシラファエル・コランクルトワに学んだ。1894年に奨学金を得てドレクセル大学(Drexel Institute )でも学んだ。ペンシルベニア美術アカデミーで教え、教えた画家にはエリザベス・ウェントワース・ロバーツがいる。

動物画を得意とした[2]。挿絵を描いた書籍には "The Book of Cats" (1903)、"The Book of Dogs" "The Pied Piper of Hamelin" (1927)などがある。

挿絵[編集]

"The fireside sphinx" (著者) Agnes Repplier (挿絵) E. Bonsall (1901)の挿絵

参考文献[編集]

  1. ^ “Elizabeth F Bonsall, certificate 79705”, Pennsylvania Death certificates, 1906–1963. Series 11.90. Records of the Pennsylvania Department of Health, Record Group 11. Pennsylvania Historical and Museum Commission (Harrisburg, Pennsylvania) 
  2. ^ American Art Directory. R.R. Bowker. 1908. p. 319.