エリザベタ・ブリズギナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリザベタ・ブリズギナ Portal:陸上競技
Yelyzaveta Bryzghina.jpg
選手情報
ラテン文字 Yelyzaveta Bryzgina
国籍  ウクライナ
競技 陸上競技短距離走
種目 100m, 200m
大学 ウクライナの旗 ルハーンシク大学 (en
生年月日 (1989-11-28) 1989年11月28日(28歳)
出身地 ウクライナの旗 ルハーンシク州, ルハーンシク
身長 173cm
体重 63kg
成績
オリンピック 200m:準決勝2組4着(2012年
4x100mR:3位(2012年)
世界選手権 200m:準決勝途中棄権(2011年
4x100mR:予選2組5着(2017年
地域大会決勝 ヨーロッパ選手権
200m:2位(2010年
4x100mR:優勝(2010年)
自己ベスト
60m 7秒37(2009年)
100m 11秒42(2016年)
200m 22秒44(2010年)
400m 52秒67(2012年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

エリザベタ・ブリズギナウクライナ語: Єлізавета Вікторівна Бризгіна英語: Yelyzaveta Viktorivna Bryzhina1989年11月28日 ‐ )は、ウクライナルハーンシク出身の陸上競技選手。専門は200mが中心の短距離走2012年ロンドンオリンピック女子4×100mリレーの銅メダリストである。両親は1988年ソウルオリンピックの金メダリスト。

家族[編集]

両親と妹も短距離走選手[1]。母親のオルガは4×400mリレーの世界記録保持者であり、1988年ソウルオリンピックの400mと4×400mリレー、1992年バルセロナオリンピックの4×400mリレーなど、オリンピック世界選手権を通じて5つの金メダルを獲得した名選手。父親のヴィクトル・ブリズギンも1988年ソウルオリンピック男子4×100mリレーで金メダルを獲得するなど活躍した[2]。妹のアナスタシアは2017年ロンドン世界選手権に19歳で出場した実績を持つ。

経歴[編集]

2010年7-8月のバルセロナヨーロッパ選手権で屋外のシニア主要国際大会に初出場を果たすと、女子200m決勝で22秒44(+0.1)のU23ウクライナタイ記録をマーク。母親のオルガが25年前に樹立した記録に並ぶ好タイムをマークするも[3]、優勝したミリアム・スマレ英語版に0秒12及ばず、シニア主要国際大会の金メダルを逃した。しかし、女子4×100mリレー決勝ではウクライナチームのアンカーを務め、42秒29のウクライナ新記録(当時)樹立と金メダル獲得に貢献した。なお、1986年シュトゥットガルト大会では父親のヴィクトルが男子4×100mリレーで金メダル、母親のオルガは女子400mで銀メダルを獲得しているため、親子そろってヨーロッパ選手権メダリストとなった[4]

2011年8月の深圳ユニバーシアード女子4×100mリレーではウクライナチームのアンカーを務め、43秒33で優勝に貢献[5]。学生の世界大会ながら、両親と同じく世界大会金メダリストとなった。

2012年8月のロンドンオリンピックで初のオリンピック出場を果たすと、女子200mでは準決勝まで進出した。ウクライナチームのアンカーを務めた女子4×100mリレー決勝ではチーム最速のスプリット(10秒09)をマークし[6]、42秒24のウクライナ新記録樹立と銅メダル獲得に貢献[7]。この種目では男子も含めウクライナ勢初のメダル獲得となった[8]。また、このメダル獲得により、親子そろってオリンピックメダリストとなった。

2013年8月のモスクワ世界選手権に出場すると、女子200mは前回大会に続いて準決勝敗退、アンカーを務めた4×100mリレーは予選敗退という成績を残した。しかし、大会のドーピング検査で筋肉増強作用のあるドロスタノロン英語版に陽性反応を示したため記録は抹消され、2013年8月15日から2015年8月27日まで資格停止処分を受けた[9][10]

自己ベスト[編集]

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 11秒42 (+1.1) 2016年5月25日 ウクライナの旗 クロプィウヌィーツィクィイ
200m 22秒44 (+0.1) 2010年7月31日 スペインの旗 バルセロナ U23ウクライナ記録
室内
60m 7秒37 2009年2月18日 ウクライナの旗 スームィ
200m 23秒72 2009年2月4日 エストニアの旗 タリン
300m 37秒75 2016年2月2日 フィンランドの旗 ユヴァスキュラ
400m 52秒67 2012年2月16日 ウクライナの旗 スームィ

主な成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの
大会 場所 種目 結果 記録 備考
2005 ヨーロッパ
ユースオリンピック
フェスティバル
 (en
イタリアの旗 リニャーノ・
サッビアドーロ
100m 優勝 11秒60 (+3.1)
4x100mR 予選 DNF (4走)
2007 ヨーロッパジュニア選手権 (en オランダの旗 ヘンゲロー 200m 2位 23秒66 (-0.2)
4x100mR 2位 44秒77 (4走) ジュニアウクライナ記録
2008 世界ジュニア選手権 ポーランドの旗 ブィドゴシュチュ 100m 予選 12秒21 (-1.9)
200m 予選 24秒31 (+1.8)
2009 ヨーロッパ室内選手権 (en イタリアの旗 トリノ 60m 予選 7秒63
世界選手権 ドイツの旗 ベルリン 200m 予選 DNS
2010 ヨーロッパ選手権 スペインの旗 バルセロナ 200m 2位 22秒44 (+0.1) U23ウクライナ記録
4x100mR 優勝 42秒29 (4走) ウクライナ記録
コンチネンタルカップ (en クロアチアの旗 スプリト 200m 2位 23秒37 (-0.6) ヨーロッパ代表
4x100mR 2位 43秒77 (4走) ヨーロッパ代表
2011 ユニバーシアード (en 中華人民共和国の旗 深圳 200m 4位 23秒28 (+0.7)
4x100mR 優勝 43秒33 (4走)
世界選手権 大韓民国の旗 大邱 200m 準決勝 DNF 予選23秒70 (-0.5)
2012 世界室内選手権 トルコの旗 イスタンブル 4x400mR 決勝 DQ (1走)
オリンピック イギリスの旗 ロンドン 200m 準決勝 22秒64 (+1.0)
4x100mR 3位 42秒04 (4走) ウクライナ記録
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 200m 準決勝
失格
22秒87 (0.0)
DQ
ドーピング処分
4x100mR 予選
失格
43秒12 (4走)
DQ
ドーピング処分
2016 ヨーロッパ選手権 オランダの旗 アムステルダム 200m 準決勝 23秒64 (0.0)
4x100mR 4位 42秒87 (4走)
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 200m 予選 23秒28 (0.0)
4x100mR 6位 42秒36 (4走)
2017 世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 4x100mR 予選 43秒77 (2走)

脚注[編集]

  1. ^ IAAF World Championships London 2017・Biographical Entry list / Women's 400 Metres(P.14参照) (PDF, 9.15 MB) 国際陸上競技連盟 2017年09月05日閲覧
  2. ^ Russia dominates on day of upsets in Bergen - European Team Champs Day 2”. 国際陸上競技連盟 (2010年6月21日). 2017年5月4日閲覧。
  3. ^ European Athletics U23 Championships - Tallinn 2015 Statistics Handbook / National U23 best performances(P.266参照) (PDF, 6.9 MB) ヨーロッパ陸上競技連盟 2017年05月04日閲覧
  4. ^ European Athletics Championships - Amsterdam 2016 Statistics Handbook(女子200m決勝はP.522、女子4×100mリレー決勝はP.526、両親のメダル獲得はP.105-106を参照) (PDF, 16.54 MB) ヨーロッパ陸上競技連盟 2017年05月04日閲覧
  5. ^ 女子4×100mリレー決勝リザルト (PDF, 53.1 KB) 2011年ユニバーシアード公式サイト 2017年05月04日閲覧
  6. ^ Rio 2016 Olympic Games Athletics Statistics Handbook / OLYMPIC ATHLETICS FINALS(P.297参照) (PDF, 36.73 MB) 国際陸上競技連盟 2017年05月04日閲覧
  7. ^ 第30回オリンピック女子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年5月4日). 2017年5月4日閲覧。
  8. ^ London 2012 - Event Report - Women's 4x100m Relay Final”. 国際陸上競技連盟 (2012年8月10日). 2017年5月4日閲覧。
  9. ^ More than 1900 blood samples collected – Moscow 2013”. 国際陸上競技連盟 (2013年9月20日). 2017年5月4日閲覧。
  10. ^ 169 KB (PDF) 国際陸上競技連盟 2017年05月04日閲覧