エリーザベト・シューマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エリーザベト・シューマン
Elisabeth Schumann
Elisabeth Schumann.jpg
基本情報
生誕 (1888-06-13) 1888年6月13日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ザクセン州メルゼブルク
死没 (1952-04-23) 1952年4月23日(63歳没)
ニューヨーク
ジャンル クラシック音楽
職業 ソプラノ歌手
メルゼブルクの生家 
エリーザベト・シューマンとリヒャルト・シュトラウス 

エリーザベト・シューマンElisabeth Schumann, 1888年6月13日 メルゼブルク英語版ドイツ語版 - 1952年4月23日 ニューヨーク1885年誕生説あり)は、ドイツアメリカ人の声楽家ソプラノ)、オペラ歌手、オラトリオ歌手、宮廷歌手音楽教育者英語読みでエリザベス・シューマンと表記されることがある。

経歴[編集]

エリーザベト・シューマンは、メルゼブルクのゴットハルト通り27[1]で、教師、オルガニスト指揮者のアルフレート・シューマンの末娘として生まれた。プリマ・ドンナヘンリエッテ・ゾンタークは彼女の直接の先祖の一人であったと言われている。 最初はベルリンでファレリー・ジテルマンとマリー・ディートリヒなどに師事し、続いてドレスデンナタリー・ヘニッシュに師事した。

ハンブルクで彼女はアルマ・シャドウからレッスンを受け、1909年に地元のオペラハウス(ハンブルク州立歌劇場)でワーグナータンホイザー羊飼いの少年として舞台デビューを果たした。彼女はこの歌劇場に1919年まで所属することになる。1912年には、モーツァルトフィガロの結婚』ケルビーノ、後にスザンナでセンセーションを巻き起こした。その後、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、ワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』エファなどを演じた。1914年から15年にかけてはニューヨークメトロポリタン・オペラに行き、その後数十年間もの友人となるリヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』ゾフィーでデビューした。メトロポリタン・オペラでは、プッチーニラ・ボエーム』ムゼッタ、フンパーディンクヘンゼルとグレーテル』グレーテル、ベートーヴェンフィデリオ』マルツェリーネなど、そのシーズンは10役を演じた。第一次世界大戦の勃発にもかかわらず、彼女は1915年5月にアメリカからハンブルク[2]に戻ることができ、1918年にはアルノルト・ヴィンターニッツハンガリー語版のオペラ『マイスター・グロビアン』の世界初演に出演した。

1919年に彼女はウィーン国立歌劇場に招聘され、1922年から1935年までザルツブルク音楽祭においてフーゴ・フォン・ホーフマンスタールマックス・ラインハルト、リヒャルト・シュトラウスのもとで活動した。ウィーン滞在中、彼女と再婚した指揮者の夫カール・アルヴィン(1891–1945)は、パトロンであるイェニー・マウトナー(1856-1938)やその夫である実業家のイジドール・マウトナー(1852-1930)と一緒に、1925年からマリエンタールの織物工場を所有していた[3]。彼女はヨーロッパ、アメリカ合衆国、南アメリカを巡る大規模なコンサートツアーに加わり、リヒャルト・シュトラウスなどがピアノに同行した。

オペラ以外にもエリーザベト・シューマンはオラトリオにも出演している。また、愛唱されている歌曲の歌い手でもあり、2つの歌曲集を編纂・出版している。

上記のとおり、彼女はオペラオペレッタから、オラトリオ歌曲まで、幅広いレパートリーを誇り、豊かな録音を後世に遺した。生き生きとした表情や優雅さ、美貌によって愛され、評価された。リヒャルト・シュトラウスオットー・クレンペラーロッテ・レーマンブルーノ・ワルターヴィルヘルム・フルトヴェングラーなど、往年のドイツ楽壇の錚々たる顔ぶれと親しかった。

1938年にナチスがオーストリアを併合し政権を握ったとき、彼女の音楽活動は、1933年まで結婚していた前夫の指揮者カール・アルヴィン同様に、職業禁止令によって突然途絶えさせられた。1938年にアルヴィンはメキシコに移住した。同年3月彼女はイギリスに移住し、10月には3人目の夫とアメリカに移住し、1944年にはアメリカの市民権を得た。1938年にはフィラデルフィアカーティス音楽学校に受け入れられ、1947年まで教鞭を執った。終戦後、1945年秋にコンサートツアーのためにヨーロッパに戻り、多くのリサイタルを行い、イギリスで特に成功を収めた。 いつかはイギリスに定住しようと計画していたが、ニューヨークでの突然の死により、その望みが叶えられることはなかった。

彼女を記念して、メルゼブルク旧市街公益法人は、彼女が生まれた家に記念プレートを設置した。メルゼブルク・シュテーンデハウスの1階にある劇場とコンサートホールは、彼女にちなんで名付けられている[4]

家族[編集]

最初の結婚相手は、ベルリンで出会った建築家のヴァルター・プリッツ(1882-1957)である。ハンブルク時代に指揮者作曲家オットー・クレンペラーと関係を持った(彼女は二度クレンペラーと出奔している[5])後に離婚し、1919年にピアノ伴奏者でもある指揮者・作曲家・ピアニストのカール・アルヴィンと結婚。1932年から皮膚科医のハンス・クリューガーと恋愛関係になり1933年にアルヴィンと離婚。1938年にクリューガー(ユダヤ人)を国外に連れ出しイギリスで結婚。クリューガーとは1944年にアメリカで離婚している[6]

ニューヨークで末期のシューマンを見舞ったロッテ・レーマンはクレンペラーに電話をかけ、感動的なシューマンとクレンペラーとの会話が交わされたという。電話を切った後にシューマンは「この人が私の人生の人だったの」と優しく言ったという[5]

エリーザベト・シューマンとヴァルター・プリッツの息子ゲルト・ピューリッツ(1914-2007)は、膨大な文章と写真による母の伝記の執筆に身を投じ、娘のジョイ・ピューリッツは「世界的に有名なメルゼブルクのソプラノ歌手の人生」の共同編集者を務めている。

栄誉[編集]

記録[編集]

SPレコードの記録音質)[7]

主な出演オペラ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gedenktafel Gotthardstraße 27 bei Commons category Gotthardstraße (Merseburg)
  2. ^ wohnhaft in der Overbeck Straße 20 im Stadtteil Uhlenhorst (laut Adressbuch Hamburg für 1918 bei sub.uni-hamburg.de)
  3. ^ Elisabeth Schumann”. agso.uni-graz.at. 2020年8月16日閲覧。
  4. ^ Elisabeth-Schumann-Saal im Merseburger Ständehaus bei Merseburg-Ständehaus
  5. ^ a b Hamburger Jahre in Die Welt (2012)
  6. ^ a b ELISABETH SCHUMANN”. NAXOS. 2020年8月16日閲覧。
  7. ^ 録音時期はHis Master's Voice Celebrity Series Recordings and Historical Reissues, 1924-1958を参照
  8. ^ Der Rosenkavalier {12} Metropolitan Opera House: 11/20/1914
  9. ^ Wiener Operntheater, 4 September 1919
  10. ^ La Bohème {130} Matinee ed. Metropolitan Opera House: 11/21/1914
  11. ^ Wiener Operntheater, 19 April 1920
  12. ^ Die Zauberflöte {44} Metropolitan Opera House: 11/23/1914
  13. ^ Wiener Operntheater, 11 Dezember 1919
  14. ^ Hänsel und Gretel {81} Ballet Divertissement. Matinee ed. Metropolitan Opera House: 12/25/1914
  15. ^ Wiener Operntheater, 23 Dezember 1922
  16. ^ Siegfried {106} Matinee ed. Metropolitan Opera House: 01/9/1915
  17. ^ Fidelio {40} Matinee ed. Metropolitan Opera House: 01/30/1915
  18. ^ Wiener Operntheater, 6 September 1919
  19. ^ Wiener Operntheater, 7 September 1919
  20. ^ Wiener Operntheater, 10 September 1919
  21. ^ Wiener Operntheater, 14 September 1919
  22. ^ Wiener Operntheater, 30 Oktober 1919
  23. ^ Wiener Operntheater, 15 Januar 1920
  24. ^ Wiener Operntheater, 18 April 1920
  25. ^ Wiener Operntheater, 26 Mai 1920
  26. ^ Wiener Operntheater, 11 Dezember 1920
  27. ^ Wiener Operntheater, 26 Dezember 1920
  28. ^ Wiener Operntheater, 20 Mai 1921
  29. ^ Wiener Operntheater, 6 Februar 1927
  30. ^ Wiener Operntheater, 31 Dezember 1927
  31. ^ Wiener Operntheater, 16 April 1931
  32. ^ Wiener Operntheater, 10 Mai 1937

参考文献[編集]

自身の出版物[編集]

  • Elisabeth Schumann: Elisabeth Schumann–Liederbuch. Erstausgabe: Verlag Universal Edition, Wien / Leipzig / New York 1928; überarbeitete Ausgaben: Verlag Universal Edition, 1955, 1974.
  • Elisabeth Schumann: German Song (Übersetzung von David Millar Craig). Chanticleer Press, London 1948.

二次文献[編集]

  • Sabine Keil, Joy Puritz, Elisabeth Schumann: Lebensstationen der weltbekannten Merseburger Sopranistin. AXON, Querfurt 2008, ISBN 978-3-939325-09-3.
  • Gerd Puritz, Elisabeth Schumann: A Biography / edited and translated by Joy Puritz. André Deutsch, London 1993, ISBN 0-233-98794-0.
  • Joy Puritz: Schumann, Emma Elisabeth, geschiedene Puritz-Schumann, geschiedene Alwin-Schumann, geschiedene Krüger. In: Eva Labouvie (編): Frauen in Sachsen-Anhalt. Band 2: Ein biographisch-bibliographisches Lexikon vom 19. Jahrhundert bis 1945. Böhlau, Köln u. a. 2019, ISBN 978-3-412-51145-6, S. 415–419.