エリス・パーク・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エリス・パーク・スタジアム
FIFA World Cup 2010 Slovakia Italy.jpg
施設情報
所在地 南アフリカ共和国ハウテン州ヨハネスブルグ市都市圏F区
位置 南緯26度11分51.07秒 東経28度3分38.76秒 / 南緯26.1975194度 東経28.0607667度 / -26.1975194; 28.0607667座標: 南緯26度11分51.07秒 東経28度3分38.76秒 / 南緯26.1975194度 東経28.0607667度 / -26.1975194; 28.0607667
起工 1927年
開場 1928年
所有者 ヨハネスブルク市
運用者 Ellis Park World of Sport
建設費 4000万ランド
旧称
Coca-Cola Park (2008–12)
使用チーム、大会
チーム
  ・ゴールデン・ライオンズ
  ・ライオンズ
  ・オーランド・パイレーツFC
収容能力
59,611
アクセス
メトロレールEllis Park駅

エリス・パーク・スタジアム英語: Ellis Park Stadium、命名権で呼ぶ場合はエミレーツ・エアライン・パーク)は、南アフリカ共和国ハウテン州ヨハネスブルグ市都市圏F区にある球技場である。コカ・コーラネーミングライツを4.5億ランド (ZAR) (米ドル5800万$に相当)で取得し、2008年7月4日から2012年10月9日までの間の名称は、コカ・コーラ・パーク (Coca-Cola Park)であった[1]

概要[編集]

スーパーラグビー南アカンファレンスのゴールデン・ライオンズのホームスタジアム。 1995年には、ラグビーワールドカップの決勝戦を開催した。

現在はスタジアムでは、サッカーラグビーアメリカンフットボールの専用のスタジアムとなっている。

2010年FIFAワールドカップ 南アフリカ大会の開催スタジアムでもあった。標高は約1700 m。

歴史[編集]

1889年にゴールデン・ライオンズが発足。ライオンズの初ゲームはヨハネスブルク公園駅英語版に位置するWanderers Club's stadiumであった。 1927年、ヨハネスブルク近郊のen:Doornfonteinの採石場が代替地として特定される。後のエリスパークとなる土地13エーカー (53,000 m2)が利用可能となり、同年10月10日にヨハネスブルク市長J. D. Ellisと締結 (彼の名が後に公園名となる)。1928年に竣工し、ラグビーニュージーランド代表 (オールブラックス)と対戦。観客数は38,000人であった。

交通[編集]

メトロレールのエリスパーク駅 (Ellis Park)が隣接。

観光[編集]

周辺にはポンテシティアパートがある。

脚注[編集]

  1. ^ Ellis Park Stadium renamed to Coca-Cola Park (Microsoft Word)”. Ellis Park Stadium (Pty) Limited (2008年7月4日). 2008年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月9日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
トゥイッケナム・スタジアム
ロンドン
RugbyWorldCup.svg ラグビーワールドカップ
決勝戦会場
1995
次代:
ミレニアム・スタジアム
カーディフ