エリス・ピーターズ・ヒストリカル・ダガー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エリス・ピーターズ・ヒストリカル・ダガー賞CWA Ellis Peters Historical Dagger)は、CWA賞の一つで、英国推理作家協会がその年の優れた歴史ミステリ作品に与える文学賞1999年に「ヒストリカル・ダガー賞」として新設され、2006年に『修道士カドフェルシリーズ』の生みの親エリス・ピーターズに因んで「エリス・ピーターズ賞」に改名され、エリス・ピーターズ財団がスポンサーを務めた。その後、スポンサーがエンデバー・プレスに変わり、エンデバー・ヒストリカル・ダガー賞となった。おおむね35年以上前を舞台とし、少なくとも作品の4分の3が過去のパートである作品が対象となる。受賞者には3,000ポンドの賞金と装飾された短剣(ダガー)が贈られる。

各年の結果[編集]

2000年代[編集]

受賞作 ノミネート作
2000年[1] ギリアン・リンスコット英語版 『姿なき殺人』
2001年[2] アンドリュー・テイラー英語版 『天使の鬱屈』
  • リンゼイ・デイヴィス 『密偵ファルコ 亡者を哀れむ詩』
  • ハンナ・マーチ "A Distinction of Blood"
  • マイケル・ピアース英語版 "A Cold Touch of Ice"
  • スティーヴン・セイラー英語版 "Last Seen in Massilia"
  • ペン・ウィリアムソン英語版 "Mortal Sins"
2002年[3] サラ・ウォーターズ荊の城
2003年[4] アンドリュー・テイラー英語版 "The American Boy"
  • トム・ブラッドビー英語版 "The White Russian"
  • マルチェロ・フォイスイタリア語版 「いかなるときでも心地よきもの」(『弁護士はぶらりと推理する』収録)
  • リー・ジャクソン "London Dust"
  • ギリアン・リンスコット英語版 "Blood on the Wood"
  • C・J・サンソム 『チューダー王朝弁護士シャードレイク』
  • オレン・スタインハウアー 『嘆きの橋』
2004年[5] バーバラ・クレバリー英語版 "The Damascened Blade"
2005年[6] C・J・サンソム 『暗き炎』
  • イアン・ペアズ英語版 "The Portrait"
  • トム・ブラッドビー英語版 "The God of Chaos"
  • バーバラ・クレバリー英語版 "The Palace Tiger"
  • カトリーナ・マクファーソン "After the Armistice Ball"
  • フランク・タリス "Mortal Mischief"
2006年[7] エドワード・ライト "Red Sky Lament"
2007年[8] アリアナ・フランクリン 『エルサレムから来た悪魔』
2008年[9] ローラ・ウィルソン英語版 "Stratton's War"
2009年[10] フィリップ・カー "If the Dead Rise Not"
  • レニー・エアース英語版 "The Dead of Winter"
  • ショーナ・マクリーン "The Redemption of Alexander Seaton"
  • マーク・ミルズ英語版 "The Information Officer"
  • アンドリュー・ウィリアムズ "The Interrogator"
  • ローラ・ウィルソン英語版 "An Empty Death"

2010年代[編集]

受賞作 ノミネート作
2010年[11] ロリー・クレメンツ "Revenger"
  • C・J・サンソム "Heartstone"
  • アリー・モンロー英語版 "Washington Shadow"
  • S・J・パリス英語版 "Heresy"
  • アンドリュー・テイラー英語版 "The Anatomy of Ghosts"
  • アンドリュー・ウィリアムズ "To Kill A Tsar"
2011年[12] アンドリュー・マーティン英語版 "The Somme Stations"
  • ロリー・クレメンツ "Prince"
  • サム・イーストランド "The Red Coffin"
  • ゴードン・フェリス "The Hanging Shed"
  • R・N・モリス "The Cleansing Flames"
  • イモジェン・ロバートスン "Island of Bones"
2012年[13] アリー・モンロー英語版 "Icelight"
  • ナンシー・ビリュー "The Crown"
  • マウリッツィオ・ド・ジョヴァンニイタリア語版 "I Will Have Vengeance"
  • ゴードン・フェリス "Bitter Water"
  • フィリップ・カー "Prague Fatale"
  • S・J・パリス英語版 "Sacrilege"
  • ローラ・ウィルソン英語版 "A Willing Victim"
2013年[14] アンドリュー・テイラー英語版 "The Scent of Death"
  • ロリー・クレメンツ "The Heretics"
  • ゴードン・フェリス "Pilgrim Soul"
  • イモジェン・ロバートソン "The Paris Winter"
  • クレイグ・ラッセル "Dead Men and Broken Hearts"
  • ウィリアム・ライアン "The Twelfth Department"
2014年[15] アントニア・ホジソン英語版 "The Devil in the Marshalsea"
  • ジル・ペイトン・ウォルシュ英語版 "The Late Scholar"
  • マイケル・ラッセル "The City of Strangers"
  • ケイト・グリフィン英語版 "Kitty Peck and the Music Hall Murders"
  • イモジェン・ロバートスン "Theft of Life"
  • ロバート・ライアン英語版 "The Dead Can Wait"
2015年 S・G・マクリーン "The Seeker"
  • マーティン・デイヴィス英語版 "Havana Sleeping"
  • C・J・サンソム "Lamentation"
  • ルーク・マッコーリン "The Man from Berlin"
  • アンドリュー・テイラー英語版 "The Silent Boy"
  • ケイト・モス英語版 "The Taxidermist's Daughter"
2016年 デイヴィッド・ヤング英語版 『影の子』
  • ミシェル・バークビー "The House at Baker Street"
  • フィリップ・カー "The Other Side of Silence"
  • ウィリアム・ショー英語版 "A Book of Scars"
  • フィオナ・ベッチ・スミス "The Jazz Files"
  • A・J・ライト "Striking Murder"
2017年 アビール・ムーカジ "A Rising Man"
  • M・J・カーター英語版 "The Devil's Feast"
  • デニーズ・ミーナ "The Long Drop"
  • スティーヴン・プライス英語版 "By Gaslight"
  • ルーク・マッコーリン "The Ashes of Berlin"
  • マイケル・ラッセル "The City in Darkness"
2018年 ロリー・クレメンツ "Nucleus"

出典[編集]

  1. ^ a b The CWA Ellis Peters Historical Award - Previous Winners”. 2014年11月21日閲覧。
  2. ^ Andrew Taylor wins with The Office Of The Dead”. 2012年9月21日閲覧。
  3. ^ Sarah Waters wins with FINGERSMITH”. 2012年9月21日閲覧。
  4. ^ Andrew Taylor wins with The American Boy”. 2012年9月21日閲覧。
  5. ^ Barbara Cleverly wins with The Damascened Blade”. 2012年9月21日閲覧。
  6. ^ CJ Sansom wins with Dark Fire”. 2012年9月21日閲覧。
  7. ^ Edward Wright wins with Red Sky Lament”. 2012年9月21日閲覧。
  8. ^ Winner: Ariana Franklin”. 2012年9月21日閲覧。
  9. ^ Winner: Laura Wilson with Stratton's War”. 2012年9月21日閲覧。
  10. ^ Philip Kerr wins the CWA Ellis Peters Historical Award 2009” (2009年10月29日). 2012年9月21日閲覧。
  11. ^ Rory Clements wins the CWA Ellis Peters Award”. 2012年9月21日閲覧。
  12. ^ Andrew Martin wins the CWA Ellis Peters Award” (2011年11月30日). 2012年9月21日閲覧。
  13. ^ Winner: Aly Monroe” (2012年7月5日). 2012年9月21日閲覧。
  14. ^ Andrew Taylor makes it a hat trick” (2013年7月15日). 2014年3月13日閲覧。
  15. ^ CWA Endeavour Historical Dagger - This year's winner (2014)”. 2014年11月21日閲覧。