エリック・アサドゥリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
エリック・アサドゥリアン Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Éric Assadourian
アルメニア文字 Էրիկ Ասադուրյան
基本情報
国籍 アルメニアの旗 アルメニア
フランスの旗 フランス
生年月日 1966年9月24日(48歳)
出身地 フランスの旗 サン=モーリス
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1984-1986 フランスの旗 INFヴィシー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1990 フランスの旗 トゥールーズ 61 (9)
1987-1988 フランスの旗 ギャンガン (loan) 12 (1)
1990-1995 フランスの旗 リール 178 (27)
1995-1996 フランスの旗 オリンピック・リヨン 30 (2)
1996-1997 フランスの旗 ギャンガン 9 (0)
1997-1998 フランスの旗 ルーアン-キュイゾー 35 (8)
1998-1999 フランスの旗 ボーヴェ・オワーズ 35 (13)
1999-2001 フランスの旗 ヴァランス 58 (11)
1986-2001 合計 418 (71)
代表歴
1996-1998 アルメニアの旗 アルメニア 12 (3)
監督歴
2004-2005 フランスの旗 スタッド・ブレストU-18
2008-2011 フランスの旗 ランスU-18
2011-2012 フランスの旗 ランスB
2012-2014 カタールの旗 レフウィヤU-18 / B
2014- フランスの旗 スタッド・ブレストU-19
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エリック・アサドゥリアンラテン語: Éric Assadourian, アルメニア語: Էրիկ Ասադուրյան, 1966年6月24日 - )は、フランスサン=モーリス出身の元サッカー選手、元アルメニア代表。現サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

ユース時代をフランス国立サッカー施設の1つINFヴィシーにて研鑽を積み、1986年8月にディヴィジオン・アン (1部)のトゥールーズFCからプロキャリアを開始[1]し、ASモナコ戦で初出場を飾る[2]。トゥールーズでは当初控えだったが、ディヴィジオン・ドゥEAギャンガンへの期限付き移籍から復帰後は、定位置を確保し、ジャック・サンティニ監督の下でオマール・ダ・フォンセカ英語版アルベルト・マウリシオ英語版ドミニク・ロシュトーらと共に攻撃を担った[2]

1990年7月、かつて師事したサンティニ監督率いるLOSCリール・メトロポールと契約する[2]。リールに在籍した5シーズンにおいて、6人の監督の指導、また、攻撃陣を様々な選手が入れ替わり立ち代りで起用されていたが、自身は一貫してレギュラーでプレーし、178試合27得点を記録する[2]等、全盛期を迎えており、その活躍がオリンピック・リヨンジャン=ミシェル・オラス会長の目に留まり、1995年6月に3年契約で引きぬかれた[3]。しかし、UEFAカップ1995-96SSラツィオ戦で1得点1アシスト[4]クープ・ドゥ・ラ・リーグで決勝進出に貢献したものの、全体的なパフォーマンスを理由に僅か1シーズンで退団することになる。1996-97シーズンは、過去に在籍したギャンガンでのスタートとなり[5]UEFAインタートトカップ 1996を制しているが、負傷の影響もあってリーグ戦では9試合と振るわず、しばしばリザーブチームで起用されており、クープ・ドゥ・フランス決勝は未出場に終わった。

1997-98シーズンもギャンガンに所属していたが、出場機会を得ることが出来なかった。その為、シーズン途中でディヴィジオン・ドゥ (2部)のCSルーアン-キュイゾー英語版へ移籍することになると、従来のサイドハーフと違いフォワードとして8得点と一定の数字を残すも、チームの降格を防ぐことは出来ず、翌1998-99シーズンに移籍したASボーヴェ・オワーズでもフォワードとして13得点を挙げたにもかかわらず、再度チームの降格を経験した。

1999-2000シーズン、自身と同じくアルメニアに起源を持つASOAヴァランス英語版と契約する。ヴァランスでは、フォワード及びミッドフィルダーとして奮闘するも3度目となるフランス全国選手権 (3部)を経験する。翌2000-01シーズンも残留すると、3部のチームながらクープ・ドゥ・ラ・リーグクープ・ドゥ・フランスの両方でベスト16進出に貢献し、リーグ戦では6得点を挙げた。

代表[編集]

世代別のフランス代表としてエリック・カントナジョスリン・アングロマらと共にプレーした後、アルメニアエレバン出身の父に持つアサドゥリアンは、1998 FIFAワールドカップを目指し、1996年にアルメニアA代表としてプレーすることを決意し[1]、1996年10月5日に1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選北アイルランド戦 (1-1)において初出場を飾り、1997年8月20日の同予選ポルトガル戦 (1-3)において初得点を記録した[1]

ワールドカップ出場を逃した後も招集され、UEFA EURO 2000予選にも参加していたが、1999年3月31日のフランス戦を目前にして監督から戦力外を言い渡された[1]

指導者[編集]

2001年7月に現役引退をした[2]後は、まず、2004-05シーズンにスタッド・ブレスト29のU-18チームを率いて[6]2005年まで在籍する[7]。2008年からはRCランスのU-18チームを指導し、フランスU-18選手権優勝に導くと、2011年にはフランスアマチュア選手権のBチームを担当[8]し、7位でシーズンを終了した。2012年から2014年までレフウィヤSC (カタール1部)のBチームやユースチームを指揮した後、2014年6月にU-19チームの監督としてブレストに9年ぶりに復帰した[7][9]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[10][11]

所属クラブ シーズン リーグ 国内カップ 国際大会 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
トゥールーズ 1986-87 ディヴィジオン・アン 16 0 3 1 2 0 21 1
1987-88 2 0 0 0 1 0 3 0
1988-89 22 6 3 0 0 0 25 6
1989-90 21 3 0 0 0 0 21 3
合計 61 9 6 1 3 0 70 10
ギャンガン (loan) 1987-88 ディヴィジオン・ドゥ 12 1 0 0 - 12 1
合計 12 1 0 0 - 12 1
リール 1990-91 ディヴィジオン・アン 35 4 2 0 0 0 37 4
1991-92 33 6 1 0 0 0 34 6
1992-93 38 6 1 0 0 0 29 6
1993-94 35 6 1 0 0 0 36 6
1994-95 37 5 3 1 0 0 40 6
合計 178 27 8 1 0 0 186 28
オリンピック・リヨン 1995-96 ディヴィジオン・アン 30 2 6 0 5 1 41 3
合計 30 2 6 0 5 1 41 3
ギャンガン 1996-97 ディヴィジオン・アン 9 0 2 0 7 1 18 1
1997-98 0 0 0 0 0 0 0 0
合計 9 0 2 0 7 1 18 1
ルーアン-キュイゾー 1997-98 ディヴィジオン・ドゥ 35 8 2 0 - 37 8
合計 35 8 2 0 - 37 8
ボーヴェ・オワーズ 1998-99 ディヴィジオン・ドゥ 35 13 2 1 - 37 14
合計 35 13 2 1 - 37 14
ヴァランス 1999-2000 ディヴィジオン・ドゥ 30 6 1 0 - 31 6
2000-01 フランス全国選手権 28 5 4 0 - 6 0
合計 58 11 5 0 - 63 11
キャリア通算成績 418 71 31 3 15 2 464 76

代表での成績[編集]

出典:[12]

アルメニア代表
出場 得点
1996 3 1
1997 7 2
1998 2 0
Total 12 3

代表での得点[編集]

出典:[13]

獲得タイトル[編集]

クラブ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d "Assadourian : «L'Arménie ? En dehors du gardien de but et du meneur de jeu…»"
  2. ^ a b c d e "Éric Assadourian, un passage remarqué à Lille avant de signer à Lyon"
  3. ^ "TENNIS" humanite.fr
  4. ^ "Lyon-Lille, l'axe du mâle"
  5. ^ "45 millions de F de budget prévisionnel"
  6. ^ "La saison 2004-2005" sb29.com
  7. ^ a b "Éric Assadourian : « Tendre vers l'élitisme »"
  8. ^ "RC Lens : Éric Assadourian est le nouveau chef de passerelle avec les « pros »"
  9. ^ "Éric Assadourian, nouveau directeur du centre de formation" sb29.com
  10. ^ ERIC ASSADOURIAN”. lequipe. 2015年5月13日閲覧。
  11. ^ Eric Assadourian”. footballdatabase. 2015年5月13日閲覧。
  12. ^ Éric Assadourian”. national-football-teams. 2015年5月13日閲覧。
  13. ^ Eric Assadouryan”. eu-football. 2015年5月13日閲覧。