エリック・キルモンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス (Erik "Killmonger" Stevens)
出版の情報
出版者 マーベル・コミックス
初登場 Jungle Action #6(1973年9月)
クリエイター ドン・マクレガー(ライター)
リック・バックラー(作画)
作中の情報
フルネーム N'Jadaka(ウンジャダカ)
能力 熟練した武術家
常人の限界に近い筋力
天才レベルの知性

エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス (Erik "Killmonger" Stevens) は、マーベル・コミックスの刊行物に登場する架空のスーパーヴィランである。鍛錬を重ねた熟達の戦士であり、宿敵ブラックパンサーに匹敵する身体能力を持つ。

映画『ブラックパンサー』にも同名のキャラクターが登場し、マイケル・B・ジョーダンによって演じられた。

刊行履歴[編集]

エリック・キルモンガーは『ジャングル・アクション』第6 - 8号(1973年9月 - 1974年1月)に連載されたブラックパンサーのストーリー「豹の激情 (Panther's Rage)」で初登場した。キャラクター原案はドン・マクレガー英語版とリック・バックラーである。

その後に登場したタイトルは以下の通りである。

  • 『ジャングル・アクション』第12 - 13号(1974年11月 - 1975年11月)
  • アイアンマン・アニュアル』第5号(1982年)
  • 『オーバー・ザ・エッジ』(1996年4月)
  • 『ブラックパンサー』第3シリーズ第13号(1999年12月)
同第15 - 16号(2000年2 - 3月)
同第18 - 21号(2000年5 - 8月)
同第23 - 25号(2000年10 - 12月)
同第60号(2003年7月)
  • デッドプール』1997年シリーズ第44号(2000年9月)
  • 『ブラックパンサー』第4シリーズ第35 - 38号(2008年5 - 8月)

2006年に発行された総覧 All-New Official Handbook of the Marvel Universe A-Z (第6号)ではキルモンガーの項目が立てられている。

作中の経歴[編集]

アフリカの小国ワカンダに生まれる。出生時のワカンダ名はN'Jadaka(ウンジャダカ)である。ユリシーズ・クロウ英語版が傭兵部隊を率いてワカンダを攻撃した事件で、ヌジャダカの父は強要されて手を貸した。クロウの敗退とともに父親は死亡し、残された家族は追放処分を受ける。ヌジャダカはニューヨークハーレムに流れ着き、自分を追放したティチャラ王(ブラックパンサー)とクロウへの憎悪を育てる。ヌジャダカは父の復讐を切望するあまりエリック・キルモンガーと改名し、マサチューセッツ工科大学で知識を蓄えた。

やがてティチャラ王に交渉して追放を解かれると、ワカンダの村に住みつく。この村は後に彼を称えてヌジャダカ村と名を変えることになる。キルモンガーは政権転覆を企て、ワカンダから「白人植民地主義者」の文化的影響(と彼が見るもの)を一掃して完全な古代社会を復元することを目指す。ティチャラはアベンジャーズとしての活動のため頻繁に渡米しており、キルモンガーはその隙にバロン・マカーブルと共謀してクーデターを起こす。この目論見は成功せず、キルモンガーは命を落とす[1]。しかしマンダリン英語版がその死体を引き取った[2]

復活[編集]

マンダリンは強力なパワーを持つ自らの指輪を用いて「復活の祭壇」を強化し、キルモンガーを蘇生させる。キルモンガーは恋人で志を同じくするマダム・スレイと合流し、ブラックパンサーを殺害してワカンダを古代の姿に戻そうと企む。

トニー・スターク(アイアンマン)がワカンダを訪れると、マダム・スレイは随行のジム・ローズ(ウォーマシン)に薬を盛って拘束する。キルモンガーはブラックパンサーを殺害してローズとスタークに罪を着せ、ワカンダ国民に彼らへの復讐を煽ってその先頭に立つ。しかし、ブラックパンサーはライフ・モデル・デコイ[注 1]を用いて死を偽装していたのだった。ブラックパンサーはキルモンガーを打倒する。マンダリンは指輪を呼び戻し、キルモンガーをただの白骨に還す。しかし信望者の手によりキルモンガーは再び蘇生し、その後も繰り返しティチャラに挑戦することになる。

王位簒奪[編集]

妖術師アチェベ師がワカンダの転覆を試みた事変の後、ティチャラは国の運営を名代エヴェレット・ロスに任せて外遊に出る。キルモンガーはその間にワカンダを経済的に支配しようと図る。キルモンガーを止めるため、ティチャラはやむを得ずワカンダ国内の外国企業をすべて国有化して株式市場に恐慌を引き起こす。両者は国王の座を賭けて戦いの儀式に臨む。激しい争いの末にキルモンガーは宿敵を打ち負かし、ブラックパンサーの称号を勝ち取る。ワカンダの支配者の地位を手中に収めたキルモンガーは、さらにティチャラからアベンジャーズメンバーの身分をも奪い取ろうとする。しかし、立場を固めるために受けた即位の礼において、儀式の一環として服用したハート形のハーブがキルモンガーの体に重篤な反応を引き起こす。このハーブは王族の血筋以外の者にとって毒だった。キルモンガーを死ぬに任せ、誰にも邪魔されずブラックパンサーの地位を取り戻すこともできたにもかかわらず、ティチャラは宿敵の命を救う。

やがてキルモンガーは昏睡から覚め、ワカンダの首長の地位を取り戻そうとする。彼はニューヨークに向かい、インナーシティに勤務する警官キャスパー・コールと接触する。コールは捜査のための方便としてブラックパンサーに扮していた。コールを味方につけてティチャラを出し抜こうと考えたキルモンガーは、効果を弱めたハート形のハーブを与えるとともに、誘拐された上司の息子を探す手助けをしようと申し出る。その代償としてコールはブラックパンサーの名を捨て、豹神のしもべホワイトタイガーとなり、さらにいつかキルモンガーに借りを返さなければならなかった。コールはこれを受け入れたが、ハーブによって得た能力を用いて独力で少年を探し出し、キルモンガーに無際限の負債を負わされることは免れる。

ティチャラは改めて唯一の王としてワカンダに君臨していたが、キルモンガーは再び姿を現し、隣国ニガンダを手中に収める[3]。二国の争いはティチャラとキルモンガーとの決闘に発展する。そこにキルモンガーによって捕虜とされていたモニカ・ランボー(パルサー)が割って入り、キルモンガーを殺す。物語の結末では、かつてティチャラが父の死に際してそうしたように、キルモンガーの幼い息子がブラックパンサーへの復讐を誓う[4]

パワーと技能[編集]

キルモンガーは熟練した武術家であり、人間としては最高峰の筋力と天才的な知性を備えている。

ほかのメディア[編集]

映画[編集]

  • 2018年の映画『ブラックパンサー』にはエリック・“キルモンガー”・スティーヴンスという名で登場する[5][6]。演者はマイケル・B・ジョーダンである。映画版ではアメリカ名をエリック・スティーヴンスという米軍の諜報員で「キルモンガー」は通り名である[7]。カリフォルニアのオークランドで育つ。キルモンガーはブラックパンサーの強化版スーツと似たスーツを着用する。ただし前者が黒地に紫のハイライトを持つのに対し、後者は茶色地に金である。ブラックパンサーのものと同様、キルモンガーのスーツもネックレスに収納することが可能で、伸縮可能な鉤爪を備え、運動エネルギーを吸収して逸らすはたらきがある。

ビデオゲーム[編集]

  • Lego Marvel's Avengers 『LEGO マーベル アベンジャーズ』:ブラックパンサーのDLCパックにエリック・キルモンガーのプレイアブルキャラクターが含まれている[8]
  • Lego Marvel Super Heroes 2 『LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』:プレイアブルキャラクターである[9]

音楽[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ en:Life Model Decoy、マーベル作品に登場する身代わりロボット。

出典[編集]

  1. ^ Jungle Action #17 (September 1975)
  2. ^ Iron Man Annual #5 (1982)
  3. ^ Black Panther vol.3 #35 (April 2008)
  4. ^ Black Panther (vol. 3) #38
  5. ^ SDCC 2016: Marvel's 'Black Panther' Confirms Additional Cast | News | Marvel.com”. marvel.com. 2016年7月24日閲覧。
  6. ^ Michael B. Jordan Talks About Becoming a Bad Guy | Comic Con 2016 | MTV
  7. ^ Medina, Joseph Jammer (2018年1月2日). “Black Panther Bios Hit The Web”. Screen Rant. 2018年1月2日閲覧。
  8. ^ http://www.gamespot.com/articles/lego-avengers-dlc-season-pass-detailed/1100-6435767/
  9. ^ Characters”. IGN Database. 2018年1月28日閲覧。