エリック・ルーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
エリック・ルーカス
基本情報
本名 エリック・ルーカス
通称 Lucky Lucas
階級 スーパーミドル級
身長 183cm
リーチ 188cm
国籍 カナダの旗 カナダ
誕生日 (1971-05-29) 1971年5月29日(45歳)
出身地 ケベック州モントリオール
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 50
勝ち 39
KO勝ち 15
敗け 8
引き分け 3
無効試合 0
テンプレートを表示

エリック・ルーカスEric Lucas1971年5月29日 - )は、カナダプロボクサーケベック州モントリオール出身。第13代WBC世界スーパーミドル級王者。勝っても負けても激しい試合で人気を集めた技巧派の選手。ロイ・ジョーンズ・ジュニアとの試合は結局棄権したがダウンを拒む激闘になりタフさを証明し、グレン・キャトリーとの2戦はいずれも打撃戦になった。2001年11月30日、元世界2階級制覇王者ディンガン・トベラとの試合(指名試合)でトベラに引導を渡すきっかけを作ったことで有名。

来歴[編集]

1991年12月17日、ルーカスはスーパーウェルター級のウェイトでプロデビューを果たし4回判定勝ちを収め白星でデビューを飾った。

1992年2月8日、グレイグ・ミルズと対戦し4回判定勝ちを収めた。

1992年3月6日、ゲラルド・マーティンと対戦し4回引き分けに終わった。

1992年5月19日、ハグラス・ダイグネアウトと対戦し6回1-0(2者が57-57、58-57)の引き分けに終わった。

1993年3月19日、ウィーリー・バールと対戦し10回3-0(98-91、100-89、98-89)の判定勝ちを収めた。

1993年11月16日、モントリオールのモーリス・リチャード・アリーナでカナダスーパーミドル級王者ラウリー・グロッシーと対戦し12回3-0(118-110、117-111、115-113)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

1994年2月7日、ガーイ・スタンフォードと対戦し10回3-0(2者が97-93、98-91)の判定勝ちを収めた。

1994年7月13日、ラウリー・グロッシーと8ヶ月ぶりに対戦し12回3-0(3者共に120-108)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

1994年11月15日、モントリオールのフォーラムでダーレル・フリントと対戦し7回終了時棄権によるTKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

1994年12月20日、モントリオールのフォーラムでWBCアメリカ大陸スーパーミドル級王者マイク・ベルチェルと対戦し3回2分28秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1995年2月21日、モントリオールのフォーラムでチャールズ・オリバーと対戦し12回2-1(113-115、117-113、115-113)の判定勝ちを収めWBCアメリカ大陸王座の初防衛に成功した。

1995年6月27日、アンドラ・ホワイトと対戦し10回3-0(2者が98-92、100-90)の判定勝ちを収めた。

1995年8月1日、フィラデルフィアのブルー・ホライズンでNABF北米スーパーミドル級王者ブライアン・ブランノンと対戦し初黒星となる12回0-3(111-117、109-119、110-118)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

1996年1月13日、WBC世界ライトヘビー級王者ファブリス・ティオゾと対戦。3回にダウンを奪われるなど一方的に試合を有利に進められ12回0-3(108-119、110-117、109-118)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

1996年5月7日、カール・ウィリスと対戦し2回2分54秒TKO勝ちを収めた。

1996年6月15日、IBF世界スーパーミドル級王者ロイ・ジョーンズ・ジュニアと対戦。試合はダウンを拒むなどルーカスのタフさが称賛されたものの試合自体はジョーンズ・ジュニアに一方的に試合を有利に進められ11回終了時セコンドの棄権によるTKO負けを喫しまたしても王座獲得に失敗した。

1996年10月11日、トロントのインターナショナル・プラザ・ホテルでリチャード・フレイザーと対戦し10回2-1の判定勝ちを収めた。

1996年12月6日、アントウン・エチョルスと対戦し10回1-1(95-95、94-96、97-93)の三者三様の引き分けに終わった。

1997年3月24日、ダーレル・フリントとカナダライトヘビー級王座決定戦を行い、7回2分15秒KO勝ちを収めカナダ王座の2階級制覇を達成した。ルーカスは試合後スーパーミドル級に戻ることを明言した。

1997年11月11日、ケビン・ポムペイと対戦し10回3-0(98-92、2者が99-91)の判定勝ちを収めた。

1998年4月3日、モルソン・センターでWBCインターナショナルスーパーミドル級王者セグンド・メルガドと対戦し5回2分59秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1998年11月27日、ファン・カルロス・ビロリアと対戦し10回3-0(100-90、2者が100-89)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

1999年10月13日、マシュー・ヒルトンの弟アレク・ヒルトンと対戦し10回3-0(2者が100-89、100-90)の判定勝ちを収めた。

1999年12月10日、WBC世界スーパーミドル級王者マルクス・バイエルの指名挑戦権を懸けてグレン・キャトリーと対戦し12回2分5秒TKO負けを喫しバイエルへの指名挑戦権獲得に失敗した。

2001年7月10日、モントリオールのモルソン・センターでデーブ・ヒルトン・ジュニア児童性的虐待を行い逮捕・収監されて王座を剥奪されたことに伴うWBC世界スーパーミドル級王座決定戦で[1]、グレン・キャトリーと1年7ヶ月ぶりに対戦し7回2分KO勝ちを収め3度目の挑戦で念願だった王座獲得に成功した。

2001年11月30日、モントリオールのモルソン・センターで元世界2階級制覇王者のディンガン・トベラと指名試合で対戦。試合を一方的に進め8回2分15秒TKO勝ちを収め指名試合を制すると共に初防衛に成功し、トベラの引導を渡すきっかけになった。

2002年3月1日、コネチカット州レッドヤードのフォックスウッズ・リゾート・カジノで元世界2階級制覇王者ビニー・パジェンサと対戦し12回3-0(117-112、117-111、119-110)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2002年9月6日、ベル・センターでオマール・シェイカと対戦し12回3-0(2者が117-111、119-109)の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2003年4月5日、マルクス・バイエルと対戦し12回1-2(2者が113-116、115-114)の判定負けを喫し4度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

2003年12月20日、ベル・センターでバイエルの負傷により設置されたWBC世界スーパーミドル級暫定王座決定戦としてダニー・グリーンと対戦したが6回2分50秒TKO負けを喫し8ヶ月ぶりの王座返り咲きに失敗した。

2004年12月3日、トニー・メネフィーと対戦し2回1分7秒TKO勝ちを収めた。

2005年3月18日、WBCアメリカ大陸スーパーミドル級王座決定戦でジェームス・クロフォードと対戦し12回3-0(119-103、119-104、116-105)の判定勝ちを収め11年ぶりの王座返り咲きに成功した。

2006年1月14日、WBA世界スーパーミドル級王者ミッケル・ケスラーと対戦し10回1分51秒TKO負けを喫しWBCに続く王座獲得に失敗した。この試合後に1度目の引退を表明した。

2009年12月11日、ルーカスは3年ぶりの現役復帰。ラモン・ペドロ・モヤーノと対戦し4回43秒KO勝ちを収めた。

2010年5月28日、リブラード・アンドラーデと対戦し8回終了時棄権によるTKO負けを喫した。この試合を最後に体力の限界を悟り現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

  • カナダスーパーミドル級王座
  • WBCアメリカ大陸スーパーミドル級王座
  • カナダライトヘビー級王座
  • WBCインターナショナルスーパーミドル級王座
  • 第13代WBC世界スーパーミドル級王座(防衛3)

脚注[編集]

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
デーブ・ヒルトン・ジュニア
WBC世界スーパーミドル級王者

2001年7月10日 - 2003年4月5日

次王者
マルクス・バイエル