エリトルロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリトルロース
Erythrulose.PNG
IUPAC名1,3,4-テトラヒドロキシブタン-2-オン
別名D-(+)- glycero -テトルロース
分子式C4H8O4
分子量120.104
CAS登録番号496-55-9
形状無色-薄黄色液体

エリトルロース (erythrulose) は、化学式がC4H8O4ケトテトロースである。ジヒドロキシアセトンと性質がよく似ている。無色またはやや黄色い液体。天然ではラズベリーリンゴなどに含まれ、特にリンゴでは切り口が褐変する原因となっている。

利用[編集]

エリトルロースは天然に生成するケトースであり、皮膚の角質層中のケラチンと反応して褐色を与えるため、ジヒドロキシアセトンと同様にサンレスタンニング剤に使われている。これはメイラード反応に類似した無毒な反応である。

関連項目[編集]