エリュシペロトリクス綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリュシペロトリクス綱
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: フィルミクテス門
Firmicutes
: エリュシペロトリクス綱 Erysipelotrichia
学名
Erysipelotrichia
Ludwig et al. 2010
下位分類(目)

Erysipelotrichales

  • Erysipelotrichaceae

(属は本文参照)

エリュシペロトリクス綱Erysipelotrichia)は、フィルミクテス門に属す細菌の綱。

2018年8月現在、1目1科18属を含む。大半が非運動性、芽胞を形成しないグラム陽性[1]桿菌[2]。好気または通性嫌気性で、従属栄養的に増殖する[2]腸内細菌として普遍的に見られ、豚丹毒を引き起こす豚丹毒菌など、ヒト動物感染症を引き起こすものも少なくない[3][4]ゲノムサイズはフィルミクテス門の中では比較的小型で、系統的にはマイコプラズマなどのモリクテス綱に近縁とされる[3]

脂質の多い食事を与えられたマウスは、このグループに属す細菌が増加するという報告がある[5]。肥満との関連でも研究が進められている。

下位分類[編集]

科までは単型である。 属は以下18属が認められる。

  • Allobaculum - Breznakia - Bulleidia - Catenibacterium - Catenisphaera - Coprobacillus - Dielma - Dubosiella - Eggerthia - Erysipelothrix - Faecalibaculum - Holdemania - Ileibacterium - Kandleria - Longibaculum - Longicatena - Solobacterium - Turicibacter

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただしグラム染色では若干染まりにくい場合がある
  2. ^ a b Verbarg, S., et al. (2004年). “Erysipelothrix inopinata sp. nov., isolated in the course of sterile filtration of vegetable peptone broth, and description of Erysipelotrichaceae fam. nov.”. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 54: 221-5. doi:10.1099/ijs.0.02898-0. 
  3. ^ a b Yohsuke Ogawa et al. (2011年). “The Genome of Erysipelothrix rhusiopathiae, the Causative Agent of Swine Erysipelas, Reveals New Insights into the Evolution of Firmicutes and the Organism's Intracellular Adaptations”. J. Bacteriol. 193 (12): 2959–2971. doi:10.1128/JB.01500-10. 
  4. ^ Davis, J.J., et al. (2013年). “Genomes of the class Erysipelotrichia clarify the firmicute origin of the class Mollicutes”. Int. J. Syst. Evol. Microbiol.m 63: 2727-41. doi:10.1099/ijs.0.048983-0. 
  5. ^ Greiner, Thomas; Bäckhed, Fredrik (2011年). “Effects of the gut microbiota on obesity and glucose homeostasis”. Trends in Endocrinology & Metabolism 22 (4): 117–123. doi:10.1016/j.tem.2011.01.002.