エリー・デケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

エリー・デケル[1][注釈 1](Elie Dekel)は、アメリカ合衆国の経営者。デケル・ブランド創設者兼CEO[3]

人物[編集]

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校でマーケティングコミュニケーションの学位を取得後、エンターテイメント業界でのキャリアをスタートさせる[4]

1989年からサバン・エンターテイメントにて働き、同社が輸入した番組が吹き替えを行っただけで、アメリカで放送できるかなどをチェックする仕事をした後[2]、同社のマーケティング&プロモーション担当上級副社長となる[5]

サバンとFox Kidsの合併会社Foxファミリー・ワールドワイド[2]のマーケティング&広告担当執行副社長を経て、1998年にコンシューマー・プロダクツ担当執行副社長となり[6]、後に社長に就任する[7]。さらにサバン・コンシューマー・プロダクツ社長としてマーケティング及びブランディングを総括した[4]

2001年にFoxファミリー・ワールドワイドがウォルト・ディズニー・カンパニーに買収された際にクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシーに移り[2]、2004年5月まで[3]、ライセンス関係のエージェントとして活動[8]2005年6月に20世紀フォックスに入社し、2009年6月まで[3]、同社のライセンシング&商品化担当執行副社長を務める[9]

2009年7月にサバン・キャピタル・グループに移り、マネージング・ディレクターとなる[10]2010年にサバン・キャピタルがサバン・ブランドを設立した際に社長に就任し[7]、ライセンシング、マーチャンダイジング、知的財産の管理などの業務を総括した[8]。サバン・ブランドの関連会社ヴォルテックスの共同社長でもあり、同社が運営しているCWテレビジョンネットワークの子供向け番組放送枠を監督する立場にもあった[4]

2015年7月、サバン・ブランドの社長を辞任[11]。同社の上級顧問となり、デケル・ブランド社を設立[3]

2016年6月にサバン・ブランドの顧問を退いた後[3]、サテライト・オブ・ラブにて、テレビ番組『ミステリー・サイエンス・シアター3000』のストラテジック・ブランド・アドバイザー兼ワールドワイド・コンシューマ・プロダクツ・ライセンシング・エージェントとなる[12]

参加作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ イライ・デケルとの表記もある[2]

出典[編集]

  1. ^ セミナー”. LICENSING ASIA 2006. 2014年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 我が国のコンテンツの海外における「ゲートキーパー」プロファイリング調査(米国編) (PDF)”. 日本貿易振興機構. 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e Elie Dekel”. LinkedIn. 2017年3月14日閲覧。
  4. ^ a b c Elie Dekel”. サバン・ブランド. 2014年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月29日閲覧。
  5. ^ Programming power house”. Variety (1997年9月15日). 2014年6月2日閲覧。
  6. ^ People”. Animation World Network. 2014年6月2日閲覧。
  7. ^ a b Media mogul launches Saban Brands”. ロサンゼルス・タイムズ (2010年5月6日). 2014年6月9日閲覧。
  8. ^ a b Elie Dekel”. サバン・キャピタル・グループ. 2014年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月29日閲覧。
  9. ^ Fox promotes Peikoff”. Variety (2007年7月29日). 2014年6月2日閲覧。
  10. ^ Elie Dekel returns to Saban”. Variety (2009年6月30日). 2015年11月2日閲覧。
  11. ^ Elie Dekel Exits Saban”. License! Global. 2016年8月4日閲覧。
  12. ^ Elie Dekel Tapped to Guide 'MST3K' Licensing Worldwide”. Animation Magazine (2016年6月17日). 2016年8月19日閲覧。