エルコ・ファンデルヘースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エルコ・ファンデルヘースト
基本情報
ラテン文字 Elco van der Geest
 ベルギー
出生地 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1979-05-04) 1979年5月4日(39歳)
選手情報
階級 男子100kg級
テンプレートを表示

エルコ・ファンデルヘーストラテン語: Elco van der Geest1979年5月4日 - )は、ベルギー柔道家オランダハールレム出身。身長190cm。兄はアテネオリンピック柔道銅メダリストであり、2005年の世界選手権無差別で優勝したデニス・ファンデルヘースト、父のコー・ファンデルヘーストはオランダ代表チームのコーチだった[1][2]

人物[編集]

1998年の世界ジュニア90kg級で3位になり[2]、2002年のヨーロッパ選手権100kg級では優勝した[2]。しかし、2004年アテネオリンピックでは準々決勝で世界チャンピオンの日本の井上康生背負投で破る番狂わせを演じるも、準決勝でベラルーシイハル・マカラウの前に有効で敗れると3位決定戦でもイスラエルのアリエル・ゼエビ小内返で敗れ、メダルを獲得することができなかった[1]。2008年の北京オリンピックではヘンク・フロルとの代表争いに敗れて出場できなかった[1]。2009年にはグロルとの代表争いを避けてベルギーへと国籍を変更し[2]、2010年のヨーロッパ選手権では8年ぶりに優勝を飾った[2]。だが、2012年ロンドンオリンピックでは初戦でこの階級で金メダルを獲得したロシアタギル・ハイブラエフ崩袈裟固で敗れた[1]

主な戦績[編集]

脚注[編集]