エルシド (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
エルシド
品種 アングロアラブ(アラブ血量39.20%)
性別
毛色 鹿毛
生誕 1962年2月5日
死没 1985年10月25日
Nithard(アングロアラブ)
Farida IV(アングロアラブ)
母の父 Elseneur(サラブレッド)
生国 フランスの旗 フランス
生産 不詳
競走成績
生涯成績 19戦11勝
テンプレートを表示

エルシド(El Cid)とは、フランスで生産・調教されたアングロアラブ競走馬種牡馬である。引退後は日高軽種馬農業協同組合により輸入され日本で種牡馬として繋養されると、多数の活躍馬を送り出した。

※以下、馬齢はすべて2000年以前に使用された旧表記(数え年)にて記述する。

概要[編集]

フランスで生産されたエルシドは、同国のアングロアラブ競馬で4歳までに19戦11勝、2着5回3着1回という戦績を収めた。重賞での勝ち鞍としてアングロアラブ・グランドナショナル、アラカド賞などがある。

その後は日高軽種馬農業協同組合により日本に輸入されると、初年度産駒でアラブ王冠を制した快速馬ムツミマサルを、さらに2年目の産駒から南関東公営競馬タイムラインのライバルとして活躍したスカレーを出した。翌年以降もホクトライデンキンカイチフジに代表されるようなアングロアラブの強豪馬を次々と輩出。同時期に活躍した種牡馬であるセイユウセンジユタガミホマレに比べると出走頭数は少なかったが、その分産駒は粒ぞろいだった。1976年には中央・地方アングロアラブリーディング5位、AEI1.85という数字を残している[1]

1985年、腎不全により24歳で死去。この年も種牡馬として20頭の繁殖牝馬に交配されており、その中からは最後の大物産駒として紫桐杯、兵庫大賞典など重賞通算9勝を挙げたビソウエルシドが出た。

軽種馬農協繋養の種牡馬としてセリ市場上場義務が課せられていたため、テスコボーイとともに同市場の発展に大いに貢献したとされる。その功績を讃え、同農協にはエルシドの銅像が建てられたという。また、その父系はスカレーとイナリトウザイの子キタノトウザイが種牡馬として大成功を収めたのを始め大いに繁栄した。

代表産駒[編集]

主要父系図[編集]

Teddy 1913 ---→テディ系
Asterus 1923
||Dadji 1933
|||Kesbeth 1943 ↓以下アングロアラブ
||||Nithard 1948
|||||エルシド El Cid 1962[2]
||||||スカレー 1969
|||||||カザンウンリユウ 1974
|||||||スイセイガバナー 1974
||||||||ローゼンガバナー 1980
||||||||ドウカンガバナー 1981
|||||||||ヘイセイガバナー 1988
||||||||マルセンガバナー 1988
|||||||アイランドキング 1976
|||||||キタノトウザイ 1976
||||||||アレツポダツシユ 1981
||||||||ホリマサル 1981
|||||||||ランドアポロ 1990
||||||||ビクトリートウザイ 1982
||||||||ミスターヨシゼン 1984
|||||||||ケイエスヨシゼン 1993
||||||||ダイリンザン 1985
||||||||オオヒエイ 1986
|||||||ダイニハクセキ 1977
|||||||ミヤシロオー 1979
||||||||ミヤシロキング 1986
|||||||タイガートウザイ 1980
||||||アーロン 1970
||||||ホクトライデン 1972
|||||||ホクトイツセイ 1980
|||||||バンガードライデン 1980
||||||エルエース 1973
||||||シズヒロオー 1973
|||||||イソナンブ 1982
|||||||ノムラダイオー 1982
||||||ニツソウエルシド 1973
||||||ガマエルシド 1979
||||||ケイワイホマレ 1979
||||||キンカイチフジ 1981
||||||イナリスター 1984
||||||ビソウエルシド 1985
|||||||ニホンカイユーノス 1994


血統表[編集]

エルシド血統テディ系 / 「アア」表記はアングロアラブ種 「アラ」表記はアラブ種 「*」が付された馬名はシャギア・濠サラ (血統表の出典)

アア Nithard
1948
アア Kesbeth
1943
Dadji 1933 Asterus 1923
Perle d'Orient 1927
アラ Kraina 1932  
 
アア Nitouche
1940
アアLotus VIII 1923 アラ Denouste 1921
アア Lea 1921
アア Nausicaa 1932  
 

アア Farida IV
1950
Elseneur
1943
Nino 1923 Clarissimus 1913
Azalee 1906
Ann's Twin 1939 Plassy 1932
Slide Along 1929
アア Lady Salmson
1937
アラ Alaric V 1929  
 
Lady of Mercia 1931  
 
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典
  • 母Faridaは14勝。半兄弟のサルタモンテス、ゴアツエンも日本に種牡馬として輸入されている。

脚注[編集]

  1. ^ JBIS Serch、アングロアラブ年度別総合サイアーランキング(1976年) (2014年8月1日閲覧)。なお、同データベースには1973年以前のリーディング記録は残されていない。
  2. ^ JBIS Search, 父馬検索:エルシド(2014年11月18日閲覧)より作成。

出典[編集]

  • 後藤正俊「アングロアラブ種牡馬名鑑:エルシド」地方競馬全国協会『Furlong』1995年6月号、23頁。