エルダド礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ティザード堆。右端がエルダド礁。左上の島が南沙諸島最大の島太平島
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

エルダド礁(エルダドしょう、英語:Eldad Reef、中国語: 安达礁Đá Én Đất𥒥Én Đất)は、南沙諸島にあるティザード堆(英語:Tizard Banks、中国語: 鄭和群礁)の一部を形成する岩礁である。エルダッド礁とも呼ばれる。

中国実効支配しているが、ベトナムフィリピン中華民国台湾)も主権を主張している[1]2014年から2015年にかけて、中国がこの岩礁を埋め立て、人工島を建設していると報じられている[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

座標: 北緯10度21分0秒 東経114度42分0秒 / 北緯10.35000度 東経114.70000度 / 10.35000; 114.70000