エルダリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

エルダリオンEldarion第四紀 - 220年ごろ)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』の登場人物。指輪戦争の英雄、アラゴルンの息子で、再統一された王国の第2代国王。

父は再統一王国の初代国王であるエレッサール・テルコンタール。母は王妃アルウェン。妹が数人いる。

第四紀最初の王[編集]

第四紀の120年になるとエレッサール王は自らの衰えを感じ、エルダリオンに王権を譲り、この世を去った。

エルダリオンの治世は100年ほど続いた。予言によると、かれの王国は100世代にわたって続き、その後多くの王国がかれから生じるとされている。

エレンディルの王家[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
エルロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌーメノール
の王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シルマリエン
 
エラタン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァランディル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドゥーニエ
の領主たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アマンディル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレンディル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イシルドゥア
 
 
 
 
 
アナーリオン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレンドゥア
 
アラタン
 
キアヨン
 
ヴァランディル
 
ゴンドールの王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルノール・
アルセダイン
の王たち
 
オンドヘア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルヴェドゥイ
 
フィーリエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドゥーネダイン
の族長たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラゴルン
 
アルウェン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルダリオン
 
数人の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再統一された
王国の王たち