エルディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エルディス
L-DIS
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 PCエンジンCD-ROM² (PCE)
開発元 デュアル
発売元 メサイヤ
プロデューサー 土田俊郎
ディレクター 山本哲也
シナリオ 牧野紀夫
プログラマー 高野務
松岡三郎
音楽 本山淳弘
高木みゆき
前田華代子
岩崎琢
山路敦
牧野紀夫
美術 牧野紀夫
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 日本 199107121991年7月12日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:NSCD0005
テンプレートを表示

エルディス』 (L-DIS) は、1991年7月12日に日本のメサイヤ日本コンピュータシステム)から発売されたPCエンジンCD-ROM²横スクロールシューティングゲーム

「すぅぱぁたあ坊」に乗り込んだ主人公のターくんを操作し、異世界へと連れ去られた幼馴染のユーちゃんを捜し出す事を目的としている。ゲームシステムは『グラディウス』(1985年)に代表されるパワーアップタイプの横スクロールシューティングゲームとなっており、キャラクターボイスを担当する声優によってコミカルに喋る台詞が特徴となっている。また、台詞の中にはナレーション・敵メカ役を担当した富山敬によるフジテレビ系テレビアニメ『タイムボカン』(1975年 - 1976年)ばりのナレーションと日本テレビ系テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』(1974年 - 1975年)のパロディボイスが収録されている。

開発はデュアルが行い、プロデューサーはPCエンジン用ソフト『改造町人シュビビンマン』(1989年)を手掛けた土田俊郎、ディレクターはPCエンジンCD-ROM²用ソフト『CYBER CITY OEDO 808 獣の属性』(1991年)を手掛けた山本哲也、シナリオはPCエンジンCD-ROM²用ソフト『超時空要塞マクロス 2036』(1992年)を手掛けた牧野紀夫が担当している。

2009年2月3日よりWiiバーチャルコンソールで配信された。

ストーリー[編集]

ターくんとユーちゃんは小学3年生の落書き大好きコンビであった。ある日の放課後、近所の塀に落書きをしていると二人の真上に突如ポッカリと穴が開き、穴から不思議な液体の塊が現れて四角い物体に変化して出てきた直後、描いた絵が壁から飛び出してしまう。そして、四角い物体は光線を出して幼馴染のユーちゃんを吸い込んでしまい、穴の中に消えてしまった。 連れ去られたユーちゃんを探すため、ターくんは「すぅぱぁたあ坊」に乗り込み冒険へ出発する。

キャラクター[編集]

ターくん
- 田中真弓
ユーちゃん
- 富永み~な
キーガ ナビッチ
- 三田ゆう子
ボス複数
- 千葉繁
ナレーション、敵メカ他
- 富山敬

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 Ref.
1 エルディス 日本 200902032009年2月3日
Wii デュアル KDE ダウンロード
バーチャルコンソール
- [1][2]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:土田俊郎
  • アシスタント・プロデューサー:米坂典彦
  • ディレクター:山本哲也
  • シナリオ・ライター:牧野紀夫
  • チーフ・プログラマー:高野務
  • プログラマー:松岡三郎
  • グラフィック・デザイナー:牧野紀夫
  • ミュージック・コンポーザー:本山淳弘、高木みゆき、前田華代子、岩崎琢、山路敦、牧野紀夫
  • スペシャル・サンクス:村田琢、小林一美、永田薫
  • セールス・プロモーター:三村淳、横江靖明
  • マネージャー:中村宏
  • エグゼクティブ・ディレクター:白倉安昌

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通26/40点[3]
月刊PCエンジン77/100点
マル勝PCエンジン29/40点
PC Engine FAN21.89/30点[4]
(総合174位)

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計で26点(満40点)[3]、『月刊PCエンジン』では75・75・80・75・80の平均77点(満100点)、『マル勝PCエンジン』では8・6・7・8の合計29点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.89点(満30点)となっている[4]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で174位(485本中、1993年時点)となっている[4]。同雑誌1993年10月号特別付録の「PCエンジンオールカタログ'93」では、本作の特徴を「とにかく自機や敵キャラがしゃべりまくることにある」と指摘した他、キャラクター造形の可愛らしさとは裏腹に敵の攻撃が厳しい事によって「クリアは難しい」と難易度の高さを指摘した[4]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.10 3.68 3.47 3.51 3.38 3.75 21.89

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 任天堂、2月のバーチャルコンソール配信タイトルを公開” (日本語). iNSIDE. イード (2009年2月2日). 2020年7月12日閲覧。
  2. ^ 「バーチャルコンソール」&「Wiiウェア」2月3日配信作品” (日本語). iNSIDE. イード (2009年2月3日). 2020年7月12日閲覧。
  3. ^ a b エルディス まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年8月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 71頁。