エルネスト=アンジュ・デュエズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エルネスト=アンジュ・デュエズ
Ernest-Ange Duez
Ernest Ange Duez BNF Gallica.jpg
生誕 1843年3月8日
フランス,パリ
死没 1896年4月5日
フランス,ブージヴァル

エルネスト=アンジュ・デュエズ(Ernest-Ange Duez または Ernest Ange Duez、1843年3月8日 - 1896年4月5日)はフランスの画家である。

略歴[編集]

パリで仕立て屋の息子に生まれた。パリでイジドール・ピルスカロリュス=デュランに学んだ。

アルフォンス・ド・ヌヴィル (1835–1885)、エドゥアール・デタイユ(1848-1912)、アンドレ・ジル(1840-1885)、ユリス・ブタン(1838-1883) といった画家たちと親しく、エドゥアール・マネ(1832-1883)を強く尊敬していた[1]

北フランスのノルマンディー(カルヴァドス県)の海岸の町、ヴィレルヴィルなどで、風景や、働く人々を描いた。

1868年からサロン・ド・パリに出展を始め、1874年に3等メダル、1879年に1等メダルを受賞した。1880年にレジオンドヌール勲章(シュバリエ)を受勲し、1889年にパリ万国博覧会の展覧会に出展した後、レジオンドヌール勲章(オフィシエ)を受勲した。

1890年に創立された国民美術協会の18人の創立メンバーの一人であり、北フランス、ウール県の芸術愛好協会の会長を務めた。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Dictionnaire Bénézit
  • Émile Bellier de La Chavignerie et Louis Auvray, Dictionnaire général des artistes de l'école française depuis l'origine des arts du dessin jusqu'à nos jours, Paris, Librairie Renouard, tome 1, 1882, et supplément, 1887.
  • Benoît Noël et Jean Hournon, Parisiana : la capitale des peintres au XIXe siècle, Les Presses Franciliennes, 2006, p. 43-47.

脚注[編集]

  1. ^ Miller, Asher Ethan; Tinterow, Gary (2005). “Ernest-Ange Duez”. In Clark, Cynthia. The Wrightsman Pictures. New York: Metropolitan Museum of Art. p. 416. ISBN 1-58839-144-2.