エルハルト・グラッツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルハルト・グラッツェルErhard Glatzel 、1925年-2002年)は、カール・ツァイスのレンズ設計者。コンピュータを用いたレンズ設計方法「グラッツェル法」を確立し、ホロゴンディスタゴンを発明、さらにはヤシカと提携後のコンタックスRTS用のレンズを始め多数のレンズを設計した。月面で使われたハッセルブラッドに装着されたレンズを設計していたことから1969年7月20日アメリカ航空宇宙局より"The Apollo Achievement Award"を与えられている。

関連項目[編集]