エルビン・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エルヴィン・ジョーンズ
Elvin Jones
Elvin Jones 3.jpg
1976年の写真
基本情報
出生名 Elvin Ray Jones
生誕 1927年9月9日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州
死没 (2004-05-18) 2004年5月18日(76歳没)
ジャンル ジャズ
担当楽器 ドラムス
共同作業者 ジョン・コルトレーン
チャールズ・ミンガス
サド・ジョーンズ
ハンク・ジョーンズ

エルヴィン・ジョーンズ(Elvin Jones、1927年9月9日 - 2004年5月18日)は、アメリカジャズミュージシャン、ドラム奏者。

来歴[編集]

アメリカ合衆国ミシガン州ポンティアック生まれ。ピアニストのハンク・ジョーンズ、トランペッターのサド・ジョーンズとの3兄弟の末弟である。1940年代後半に軍役に服した後、ミュージシャンとしてのキャリアを開始。1950年代前半はデトロイトで活動。1955年にニューヨークへ移るとマイルス・デイヴィスソニー・ロリンズチャールズ・ミンガスらと共演した[1]

1960年からはジョン・コルトレーンのグループで活躍。ベーシストのジミー・ギャリソン、ピアニストのマッコイ・タイナーと共に黄金のカルテットを形成した。複雑なリズムを難なく叩くテクニックの持ち主。1966年に音楽性の相違から袂を分かつまで、コルトレーンの多くの作品・演奏に参加した。

また、1960年代にはブルーノート・レーベルを中心にウェイン・ショーターグラント・グリーンラリー・ヤングらのレコーディングに参加、歴史的名盤を数多く残している。以降は、自身のグループ「ジャズ・マシーン」を率いての活動が中心となる。ブルーノート・レーベルからは自身のピアノレス・カルテットを中心とした作品をいくつか発表している。

1966年に来日した際、トラブルによってしばらく帰国できなくなるが、その際に日本人ミュージシャンから支援を受け、それを機に親日家となる。妻は日本人のケイコ・ジョーンズで来日の機会も多く、辛島文雄向井滋春など多くの日本人プレイヤーを、ジャズ・マシーンのメンバーとして迎え入れた。晩年は毎年年始に「新宿ピットイン」で公演を行うのが定番になっていた。

2004年5月18日、心臓病により死去。享年76歳。

代表作[編集]

  • 『エルヴィン!』 - Elvin!(1961年7月、12月、1962年1月録音)(Riverside) 1961年
  • リチャード・デイヴィス英語版と共同名義, 『ヘヴィ・サウンズ』 - Heavy Sounds(1967年6月録音)(Impulse!) 1967年
  • 『プッティン・イット・トゥゲザー』 - Puttin' It Together(1968年4月録音)(Blue Note) 1968年
  • 『ライヴ・アット・ザ・ライトハウス』 - Live at the Lighthouse (Blue Note) 1972年
  • 『アース・ジョーンズ』 - Earth Jones (Palo Alto) 1982年
  • 『エルビン・ジョーンズ・ジャズ・マシーン・ライヴ・アット・ピット・イン』 - Elvin Jones Jazz Machine Live at Pit Inn ( Polydor Japan) 1985年(「新宿ピット・イン」におけるライヴ)
  • 『至上の愛~ライブ・アット・ピットイン』 - Special Quartet (DIW/Sony) 1990年(「新宿ピット・イン」におけるライヴ)
  • 『ヤングブラッド』 - Youngblood(1992年4月録音)(Enja) 1992年
  • 『ゴーイング・ホーム』 - Going Home(1992年10月録音)(Enja) 1992年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「エルヴィン・ジョーンズ」『JAZZ“名盤”入門!』 中山康樹後藤雅洋、村井康司、宝島社〈宝島社新書〉、2003年、143頁。