エルメス・フランカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルメス・フランカ
HermesFranca.png
基本情報
本名 エルメス・フランサ・バッホス
(Hermes França Barros)
通称 ジ・アーモリー
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1974-08-27) 1974年8月27日(42歳)
出身地 セアラー州フォルタレザ
所属 アメリカン・トップチーム
ブラジリアン・トップチーム
→FIGHT.CO
→チーム・エルメス・フランカ
身長 170cm
体重 70kg
リーチ 179cm
階級 ライト級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

エルメス・フランカHermes França1974年8月27日 - )は、ブラジル男性総合格闘家セアラー州フォルタレザ出身。チーム・エルメス・フランカ主宰。元WEC世界ライト級王者。

アメリカン・トップチーム初期からの選手で、後にブラジリアン・トップチームへ移籍。2005年12月には自らのチームFIGHT.COを設立した。

来歴[編集]

2003年4月25日、UFC初参戦となったUFC 42でリッチ・クランキルトンと対戦し、判定勝ち。

2003年9月26日、UFC 44宇野薫と対戦し、KO勝ち。

2005年9月7日、初参戦となったHERO'Sのミドル級(-70kg)トーナメント リザーブファイトで朴光哲と対戦し、判定負け。

2006年3月17日、WEC 19のWEC世界ライト級タイトルマッチでゲイブ・ルーディジャーと対戦し、KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

UFC復帰[編集]

2006年7月8日、2年ぶりのUFC復帰となったUFC 61でジョー・ジョーダンと対戦し、三角絞めで一本勝ち。

2007年1月25日、UFC Fight Night: Evans vs. Salmonスペンサー・フィッシャーと対戦し、TKO勝ちを収めた。

2007年7月7日、UFC 73の世界ライト級タイトルマッチでショーン・シャークと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。試合後の薬物検査で両選手ともにステロイドが検出され、カリフォルニア州アスレチック・コミッションから2,500ドルの罰金と1年の出場停止処分が課された。

2008年7月19日、1年ぶりの復帰となるUFC Fight Night: Silva vs. Irvinフランク・エドガーと対戦し、判定負け。敗れはしたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。10月25日、UFC 90ではATT在籍時代のチームメイトであるマーカス・アウレリオに判定勝ちを収めた。

2009年9月19日、UFC 103タイソン・グリフィンにTKO負けを喫した。

2009年11月8日、世界ノーギ柔術選手権に出場し、マスター黒帯メジオ級で優勝を果たした[1]

2010年1月8日、Max Fights DMでエリック・ワイズリーにTKO負けを喫し、試合後に引退を表明した[2]

2010年5月29日、UFCファンエキスポで行なわれたGrapplers Questのスーパーファイトでビル・クーパーと対戦し、ポイント負け。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
30 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 6 11 2 0 0 0
11 3 0 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× モーシェ・カイツ 5分3R終了 判定0-3 Israel Fighting Championship: Genesis 2010年11月9日
× エリック・ワイズリー 5分3R終了 判定0-3 Scorpius Fighting Championships 1 2010年9月24日
× エリック・ワイズリー 1R 2:03 TKO(パウンド) Max Fights DM: Ballroom Brawl 4 2010年1月8日
× タイソン・グリフィン 2R 3:26 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 103: Franklin vs. Belfort 2009年9月19日
マーカス・アウレリオ 5分3R終了 判定3-0 UFC 90: Silva vs. Cote 2008年10月25日
× フランク・エドガー 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Silva vs. Irvin 2008年7月19日
× ショーン・シャーク 5分5R終了 判定0-3 UFC 73: Stacked
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2007年7月7日
スペンサー・フィッシャー 2R 4:03 TKO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night: Evans vs. Salmon 2007年1月25日
ネイサン・ディアス 2R 2:46 腕ひしぎ十字固め WEC 24: Full Force
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2006年10月12日
ジェイミー・ヴァーナー 3R 3:31 腕ひしぎ十字固め UFC 62: Liddell vs. Sobral 2006年8月26日
ジョー・ジョーダン 3R 0:47 三角絞め UFC 61: Bitter Rivals 2006年7月8日
ブランドン・オルセン 1R 0:40 腕ひしぎ十字固め WEC 21: Tapout
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2006年6月15日
トビー・イマダ 1R 0:53 腕ひしぎ十字固め Total Combat 14: Throwdown 2006年5月13日
ライアン・シュルツ 1R 3:30 KO(パンチ連打) Absolute Fighting Championships 16
【AFCライト級王座決定戦】
2006年4月22日
ゲイブ・ルーディジャー 1R 0:36 KO(パンチ連打) WEC 19: Undisputed
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2006年3月17日
× 朴光哲 5分2R終了 判定0-2 HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント リザーブファイト】
2005年9月7日
× レイ・クーパー 1R 2:57 TKO(パンチ連打) Shooto Hawaii: Unleashed 2005年3月25日
× イーブス・エドワーズ 5分3R終了 判定1-2 Euphoria: USA vs. World 2005年2月26日
マニー・リーズ・ジュニア 1R 0:37 KO(パンチ連打) Absolute Fighting Championships 10 2004年10月30日
フィル・ジョーンズ 1R 0:47 チョークスリーパー Euphoria: Road to the Titles
【ライト級トーナメント 1回戦】
2004年10月15日
× イーブス・エドワーズ 5分3R終了 判定1-2 UFC 47: It's On 2004年4月2日
× ジョシュ・トムソン 5分3R終了 判定0-2 UFC 46: Supernatural 2004年1月31日
宇野薫 2R 2:46 KO(右ストレート) UFC 44: Undisputed 2003年9月26日
リッチ・クランキルトン 5分3R終了 判定3-0 UFC 42: Sudden Impact 2003年4月25日
ライアン・ディアス 1R 4:23 フロントチョーク HOOKnSHOOT: Absolute Fighting Championships 1 2002年12月13日
アンソニー・ハムレット 1R TKO(パンチ連打) HOOKnSHOOT: New Wind
【HnS世界フェザー級タイトルマッチ】
2002年9月7日
鈴木洋平 1R 1:04 フロントチョーク HOOKnSHOOT: Relentless 2002年5月25日
ドン・カエチャー 2R 2:00 三角絞め World Extreme Fighting 12 2002年5月11日
マイク・ウィルス 1R 4:00 三角絞め HOOKnSHOOT: Overdrive 2002年3月9日
マイク・トーマス・ブラウン 1R 2:21 三角絞め HOOKnSHOOT: Kings 1 2001年11月17日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ビル・クーパー ポイント Grapplers Quest at UFC Fan Expo Vegas 2010 2010年5月29日

獲得タイトル[編集]

  • 第2代HOOKnSHOOT世界フェザー級王座(2002年)
  • 第4代WEC世界ライト級王座(2006年)
  • AFCライト級王座(2006年)
  • 世界ノーギ柔術選手権 マスター黒帯メジオ級 優勝(2009年)

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

前王者
ゲイブ・ルーディジャー
第4代WEC世界ライト級王者

2006年3月17日 - 2006年12月11日

空位
次タイトル獲得者
ロブ・マックロー