エルロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エルロスElros太陽の時代525年 - 第二紀442年)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』、『終わらざりし物語』の登場人物。エルロスという名前はシンダール語で、星の水沫(Star-foam)を意味する。

半エルフのうち唯一人間の運命を選択し、ヌーメノールの初代の王となった。裂け谷の領主エルロンドの双子の兄弟。

第一紀の末にメルコールが滅んだ後、ヴァラールが半エルフたちに不死のエルフの運命か死すべき人の運命かの選択をさせたとき、エルロスは人間の道を選んだ。一方エルロンドはエルフの道を選択した。エルロスはメルコールとの戦いでともに戦った人間たち(エダイン)とともに大海の果てに住むべき土地を与えられ、ヌーメノール王朝を創りその初代の王となった。即位後、かれはタル=ミンヤトゥアTar-Minyaturクウェンヤで「最初の王」の意)と名乗った。これに倣って以降の王もクウェンヤの名を名乗った。かれは死すべき運命の人間となったものの、他の人間たちの何倍もの長い寿命が与えられていた。かれとともにヌーメノールを建国した者たちもまたそうである。かれの子孫は人間の王として第三紀には滅亡したヌーメノールから中つ国に帰還し、アルノールゴンドールの両王朝を築いた。

なお、はるか後代にアラゴルン(エレスサール王)がエルロンドの娘であるアルウェンを后に迎えたことで、二つに分かれていた半エルフの家系は再び一つに合わさった。

系譜[編集]

エレンディルの王家[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
エルロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌーメノール
の王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シルマリエン
 
エラタン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァランディル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドゥーニエ
の領主たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アマンディル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレンディル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イシルドゥア
 
 
 
 
 
アナーリオン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレンドゥア
 
アラタン
 
キアヨン
 
ヴァランディル
 
ゴンドールの王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルノール・
アルセダイン
の王たち
 
オンドヘア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルヴェドゥイ
 
フィーリエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドゥーネダイン
の族長たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラゴルン
 
アルウェン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルダリオン
 
数人の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再統一された
王国の王たち