エルンスト・フォン・ヘッセン=フィリップスタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

エルンスト・フォン・ヘッセン=フィリップスタールErnst von Hessen-Philippsthal, 1846年12月20日 フィリップスタール - 1925年12月22日 アイゼナハ)は、ドイツの諸侯家門ヘッセン家の一員で、ヘッセン=フィリップスタール方伯家の当主(在位1868年 - 1925年)。全名はエルンスト・オイゲン・カール・アウグスト・ベルンハルト・パウルErnst Eugen Karl August Bernhard Paul von Hessen-Philippsthal)。

ヘッセン=フィリップスタール方伯カール2世と、その妻でヴュルテンベルクオイゲンの娘であるマリーの間の第1子、長男として生まれた[1]。1866年、普墺戦争に際してフィリップスタール方伯家領の属するヘッセン選帝侯国プロイセンに併合された。1868年の父の死に際して家督を継承した際、エルンストは家領に対する請求権を放棄した。

1880年、エルンストはヘッセン選帝侯国に所有していた家族世襲財産(Familienfideikommiss)の放棄と引き換えに、弟脈のヘッセン=フィリップスタール=バルヒフェルト方伯アレクシスと共同でフィリップスタール一族の個人財産(Privatfideikommiss)として年金30万マルク、ハーナウ城(Stadtschloss Hanau)、ローテンブルク城(Schloss Rotenburg)およびシェーンフェルト城(Schloss Schönfeld)を安堵された。

エルンストは生涯独身を通し、1925年に亡くなった。彼の死によりヘッセン=フィリップスタール家は断絶したため、フィリップスタール一族の家長の座は弟脈のバルヒフェルト方伯家家長クロートヴィヒが継承した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lundy, Darryl. “The Peerage: Ernst Landgraf von Hessen-Philippsthal”. 2012年3月4日閲覧。