エルヴィスとニクソン 〜写真に隠された真実〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エルヴィスとニクソン
~写真に隠された真実~
Elvis & Nixon
監督 リザ・ジョンソン
脚本
製作
  • ホーリー・ウィアーズマ
  • カシアン・エルウィス
  • ケイリー・エルウィス
出演者
音楽 エドワード・シェアマー
撮影 テリー・ステイシー
編集 マイケル・テイラー
サビン・ホフマン
製作会社
  • Autumn Productions, Inc.
  • Elevated Films
  • Holly Wiersma Productions
  • Johnny Mac & David Hansen Productions
  • Benaroya Pictures
配給
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年4月22日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 86分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000[2]
興行収入 $1,400,000[3]
テンプレートを表示

エルヴィスとニクソン ~写真に隠された真実~』(エルヴィスとニクソン しゃしんにかくされたしんじつ、原題:Elvis & Nixon)は、2016年のアメリカ合衆国コメディドラマ映画。監督はリザ・ジョンソン、脚本はジョーイ・セイガル、ハナラ・セイガル、ケイリー・エルウィス

リチャード・ニクソン大統領をケヴィン・スペイシー、歌手のエルヴィス・プレスリーマイケル・シャノンが演じ、1970年12月21日に行われたホワイトハウスでの二人の会合を描いている。他に、アレックス・ペティファージョニー・ノックスビルコリン・ハンクスエヴァン・ピーターズらが出演。

2016年4月22日アマゾン・スタジオBleecker Streetより公開[4]。日本では劇場未公開で、Amazonでの配信となった。

あらすじ[編集]

1970年12月21日の朝、歌手・俳優のエルヴィス・プレスリーホワイトハウスを訪れ、リチャード・ニクソン大統領との緊急会合を要請した。プレスリーは、ドラッグ文化、ヒッピー運動、SDSブラックパンサー党に反対しており、彼はニクソンに、BNDD(麻薬危険薬物取締局)のエージェントへの任命を望んでいた[5][6]。ニクソンの2人の上級補佐官、ドワイト・チェイピンとエジル・クローは2人の会合を開いた。最初はニクソンはPR行為と見なされることに悩むが、会合の過程で、自分たちに共通点が多いことに気づく。恵まれない境遇から懸命に働き、自分の力で成功までのし上がった人物同士であり、二人ともアメリカの若者文化に正当に評価されていないと感じていた。そういった部分での意見の一致があり、二人は一緒に写真に写る。

キャスト[編集]

製作[編集]

ニクソンとプレスリー(大統領執務室にて、1970年12月21日)

2014年11月5日、1970年のホワイトハウスでの両者の有名な会合を題材にした映画を『Elvis & Nixon』という題で製作されることが発表された。ケヴィン・スペイシーマイケル・シャノンがそれぞれリチャード・ニクソンエルヴィス・プレスリーを演じ、脚本をジョーイ・セイガル、ハナラ・セイガル、ケイリー・エルウィスが担当[5]2015年1月16日コリン・ハンクスジョニー・ノックスビルアレックス・ペティファー、トレイシー・レッツ、スカイ・フェレイラの参加が発表された[7]。アレックス・ペティファーはプレスリーの親友で一緒にワシントンD.C.へ行ったジェリー・シリングを、コリン・ハンクスはニクソン政権の弁護士エジル・クローを、ジョニー・ノックスビルはプレスリーの秘書を、スカイ・フェレイラはジェリーが思いを寄せる女性を演じる[7]2月4日、さらにアシュレイ・ベンソンテイト・ドノヴァン、ポピー・デレヴィンニュ、ディラン・ペンの参加が発表された[8]。アシュレイ・ベンソンはアメリカン航空の職員を、テイト・ドノヴァンはアメリカ合衆国大統領首席補佐官ハリー・ロビンス・ハルデマンを、ポピー・デレヴィンニュはプレスリーとともにワシントンD.C.へフライトする客室乗務員を、ディラン・ペンはホテル職員を演じる[8]

主要撮影2015年1月12日ルイジアナ州ニューオーリンズで始まった[9][10]。撮影はルイジアナ州シュリーブポートカリフォルニア州ロサンゼルスでも行われた。

共同脚本家のジョーイ・セイガルは以前舞台・映画・テレビでエルヴィス・プレスリーを演じており、また幼少時に父親のボリス・セイガル1965年のプレスリーの映画『Girl Happy』を監督しており、その際にプレスリーに会っている[11]

公開[編集]

2014年11月11日Sony Pictures Worldwide Acquisitionsが米国外での配給権を獲得したことが発表された[12]2015年6月23日アマゾン・スタジオが400万ドルで映画を購入したと発表され、アマゾン・スタジオが初めて購入した映画となった(公開は3番目)。Bleecker StreetAmazonでの公開前に劇場公開した[13]

2016年3月には、トライベッカ映画祭で発表された[14]。ニクソンの死去から22年となる2016年4月22日に、アメリカ合衆国で公開された[4]イギリスでは2016年4月29日に公開された[15]

評価[編集]

映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには130件のレビューがあり、批評家支持率は76%、平均点は10点満点で6.5点となっており、「本作は、象徴的な写真のことをそこまで無闇に詳細に述べる必要はないのかもしれないが、そのような意見は才能ある主演コンビへの感謝には及ばない」と総評した[16]。また、Metacriticでは37件の批評に基づき加重平均値は59/100となっている[17]

脚注[編集]

  1. ^ ELVIS & NIXON (15)”. British Board of Film Classification (2016年3月22日). 2016年3月22日閲覧。
  2. ^ ELVIS & NIXON Analysis”. DreameGGs Funding Club. 2016年9月7日閲覧。
  3. ^ Elvis & Nixon (2016)”. The Numbers. 2016年9月7日閲覧。
  4. ^ a b Goldberg, Matt (2016年1月8日). “Elvis & Nixon’ Trailer Has Michael Shannon and Kevin Spacey Hiding Guns and Slapping Knuckles”. Collider.com. 2016年1月8日閲覧。
  5. ^ a b Yamato, Jen (2014年11月5日). “'Elvis & Nixon' Sets Kevin Spacey & Michael Shannon In Tale Of Historic White House Hangout – AFM”. Deadline. http://deadline.com/2014/11/elvis-and-nixon-movie-kevin-spacey-michael-shannon-cast-1201274891/ 2015年1月20日閲覧。 
  6. ^ McClintock, Pamela; Ford, Rebecca (2015年2月4日). “Berlin: See Kevin Spacey as Nixon in First 'Elvis & Nixon' Photo (Exclusive)”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/berlin-elvis-nixon-kevin-spacey-770118 2015年3月4日閲覧。 
  7. ^ a b Reilly, Travis (2015年1月16日). “Colin Hanks, Johnny Knoxville, Alex Pettyfer Added to 'Elvis & Nixon'”. The Wrap. http://www.thewrap.com/colin-hanks-johnny-knoxville-alex-pettyfer-added-to-elvis-nixon/ 2015年2月6日閲覧。 
  8. ^ a b Kit, Borys (2015年2月4日). “'Pretty Little Liars' Star Ashley Benson Joins Kevin Spacey in 'Elvis & Nixon' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/pretty-little-liars-star-ashley-770380 2015年2月10日閲覧。 
  9. ^ “On the Set for 1/19/15: Kevin Spacey Starrer Elvis & Nixon Begins Shooting, Director Joel Edgerton Starts on Blumhouse Film & More”. SSN Insider. (2015年1月19日). http://www.ssninsider.com/on-the-set-for-11915-kevin-spacey-begins-on-elvis-nixon-director-joel-edgerton-starts-on-blumhouse-film-more/ 2015年1月20日閲覧。 
  10. ^ “January 12, Louisiana Entertainment Jobs Hotline”. Celtic Media Centre. (2015年1月12日). http://www.celticmediacentre.com/hot_topics/employment/august_22_2014_louisiana_entertainment_jobs_hotline 2015年1月20日閲覧。 
  11. ^ Episode 43: Nixon & Nixon”. www.soapboxoffice.com. 2017年1月18日閲覧。
  12. ^ Yamato, Jen (2014年11月11日). “Sony Loves ‘Elvis & Nixon’ Tender, Leads Strong International Sales – AFM”. 2018年4月10日閲覧。
  13. ^ Jaafar, Ali (2015年6月23日). “Amazon Acquiring ‘Elvis & Nixon’ In Groundbreaking Deal; Partnering With Bleecker Street For Theatrical Release”. 2018年4月10日閲覧。
  14. ^ Debruge, Peter (2016年3月29日). “Tribeca Film Review: ‘Elvis & Nixon’”. Variety.com. 2016年4月29日閲覧。
  15. ^ Hunter, Craig (2016年1月8日). “First ELVIS & NIXON Poster Teases The Meeting Of The King & The Crook”. ScreenRelish.com. 2016年1月8日閲覧。
  16. ^ Elvis & Nixon (2016)”. Rotten Tomatoes. 2016年5月9日閲覧。
  17. ^ Elvis & Nixon reviews”. Metacritic. 2016年4月24日閲覧。

関連項目[編集]