エルヴィン・コステデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エルヴィン・コステデ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Erwin Kostedde
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1946-05-21) 1946年5月21日(72歳)
出身地 ミュンスター
身長 177cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1965–1967 SCプロイセン・ミュンスター 35 (18)
1967–1968 MSVデュースブルク 19 (5)
1968–1971 スタンダール・リエージュ 52 (43)
1971–1975 キッカーズ・オッフェンバッハ 129 (80)
1975–1976 ヘルタ・ベルリン 26 (14)
1976–1978 ボルシア・ドルトムント 48 (18)
1978 ウニオン・ゾーリンゲン 2 (0)
1978–1979 スタンダール・リエージュ 15 (6)
1979–1980 ラヴァル 34 (21)
1980–1982 ヴェルダー・ブレーメン 75 (38)
1982–1983 VfLオスナブリュック 30 (12)
通算 465 (255)
代表歴
1974-1975 西ドイツの旗 西ドイツ 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エルヴィン・コステデ(Erwin Kostedde、1946年5月21日 - )は、ドイツ出身の元サッカー選手。ドイツ人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親の間に生まれ、西ドイツ代表でプレーする最初の黒人選手となった。[1] 1970-71シーズンにベルギーリーグで、1979-80シーズンにリーグ・アンで得点王となった。

経歴[編集]

コステデはブンデスリーガで218試合に出場して98ゴールをあげた。[2]西ドイツ代表として3キャップを獲得、最初の出場は1974年だった[3]

1990年、コステデは娯楽施設での窃盗の容疑をかけられ、刑務所で6ヶ月間を過ごしたが、無罪とされ、補償金3000ドイツマルクを受け取った。[4][5][6]

1994年に創刊されたキッカーズ・オッフェンバッハファンジンは彼の名誉を称えて「エルヴィン」と名付けられた。同誌は13年間刊行され、通巻65号が発刊された。[5]

出典[編集]

  1. ^ Erwin KOSTEDDE” (French). 2012年3月18日閲覧。
  2. ^ Arnhold, Matthias (2015年9月23日). “Erwin Kostedde - Matches and Goals in Bundesliga”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2015年10月1日閲覧。
  3. ^ Arnhold, Matthias (2015年9月23日). “Erwin Kostedde - International Appearances”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2015年10月1日閲覧。
  4. ^ Muras, Udo (2011年9月28日). “Vom "Boss" bis Gaudino – Fußballstars hinter Gittern - Kostedde monatelang in Untersuchungshaft” (German). Die Welt. Axel Springer. 2014年5月12日閲覧。
  5. ^ a b Gohla, David (2010年11月23日). “Erwin Kostedde: Leben mit dem ruinierten Image” (German). kult-kicker.de. 2014年5月12日閲覧。
  6. ^ Schmitz, Werner (2001年10月9日). “Was macht eigentlich ... Erwin Kostedde” (German). Lifestyle. Stern.de. 2014年5月12日閲覧。
先代:
ギュンター・ネッツァー
ドイツ年間最優秀ゴール賞英語版
1974
次代:
クラウス・フィッシャー