エル・テグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エル・テグス像

エル・テグスモンゴル語: El tegüs, 中国語: 燕帖古思, ? - 至元6年7月16日1340年8月9日))は、大元ウルスの皇族で、文宗トク・テムルの息子。『元史』などの漢文史料では燕帖古思(yàntiègŭsī)と記される。

兄のアラトナダラが早世したため皇太子とされたが、メルキト部のバヤンリンチェンパル・カーン(寧宗)ウカート・カーン(順帝トゴン・テムル)を擁立したためカーンに即位することができず、最後は順帝によって謀殺された。

概要[編集]

前半生[編集]

エル・テグスの元々の名前はグナダラ(古納答剌 Gunadara)と言い、兄にはアラトナダラ、弟にはタイピンヌらがいた。

至順2年(1331年)正月にはグナダラの病が癒えたことを祝ってキプチャク軍閥の首領エル・テムルとチャギル公主らに金・銀・鈔が与えられた[1]。エル・テムルは天暦の内乱を起こしてトク・テムルを推戴した実力者であり、これ以後グナダラはエル・テムルと深い縁で結ばれるようになる。

同年2月にはチベット仏教僧によって皇子グナダラの一周歳が行われ[2]、これ以後グナダラはチベット仏教と密接な関係を有し、しばしば仏事に関わることとなる[3][4][5][6]。同年9月にはアルグンサリの旧宅にグナダラはエル・テムルとともに住まうこととなった[7]

そして、兄のアラトナダラが早世すると繰り上げでグナダラがジャヤート・カーンの後継者の地位に浮上し、翌至順3年(1332年)にグナダラは名前を「エル・テグス」に改めた[8]

カーン位をめぐる争い[編集]

同年8月、病状が悪化したジャヤート・カーンはエル・テグスやエル・テムルらを集め、オングチャドでの1件(自らが即位するため、兄のコシラを毒殺したこと)を心から悔いていると語り、自らの死後はコシラの長子トゴン・テムルを後継者に迎えるよう遺言し、間もなく亡くなった。しかし、ジャヤート・カーンを事実上の傀儡としていたエル・テムルはコシラ暗殺の首謀者であったため、トゴン・テムルに報復されることを恐れ、遺言を無視してエル・テグスを即位させようとした。

しかし、ジャヤート・カーンの寡婦ブダシリとメルキト部のバヤンはジャヤート・カーンの遺言をたてにエル・テグスの即位を認めず、双方の妥協案としてトゴン・テムルの弟で、未だ幼児のリンチェンパルを擁立することとなった[9]。ところがそのリンチェンパルも即位後わずか数ヶ月で亡くなってしまい、カーン位を巡る争いが再燃することとなった。

以前と同様にエル・テムルはエル・テグスを、ブダシリとバヤンはトゴン・テムルをそれぞれ即位させようとして譲らず、カーン位はなかなか決しなかった。最終的に、バヤンらにとっては都合良くエル・テムルが急死したため、後ろ盾を失ったエル・テグスは敗れトゴン・テムルがウカート・カーンとして即位することとなった。なお『元史』によると、この時「武宗・仁宗の時と同様にトゴン・テムルの後はエル・テグスに位が譲られる」という約束がなされたという[10]

晩年[編集]

長い政争の末即位したトゴン・テムルであるが、政事の実験は完全にバヤンに握られており、バヤンの傀儡でしかなかった。至元4年(1338年)には「バヤンと皇后ブダシリがトゴン・テムルを廃してエル・テグスを擁立しようとしている」旨をバヤンの甥トクトが告発し[11]、バヤンとトゴン・テムルの関係はいよいよ悪化した。

至元6年(1340年)2月、ウカート・カーンがバヤンによる出田の要請を断った所、バヤンはエル・テグスを連れ立って柳林に趣いた[12]。これこそバヤンによるウカート・カーン廃立の動きと見たトクトらはウカート・カーンと相談の上、先手を打ってバヤンを捕縛し、ついにバヤンを失脚させることに成功した[13]。ウカート・カーンはバヤンを失脚させる際に「バヤンが自らとブダシリ、エル・テグスらを軽視した」ことを罪状に挙げながら[14]、その僅か4ヶ月後には「ブダシリ、エル・テグスらがコシラ暗殺に関わったこと」を罪状として両名の追放を決定してしまった[15]

エル・テグスは高麗への追放とされた[16]が、高麗に至る道中でオチチェルという人物に殺されてしまった[17][18]。『元史』巻107宗室世系表には兄のアラトナダラ、エル・テグス、弟のタイピンヌらには皆子孫がいなかったと記されており[19]、トク・テムルの家系はここで断絶してしまったこととなる。なお、『元史』には至正5年(1345年)11月に陳望叔なる人物がエル・テグスの名前を騙ったことで処刑された、と記録されている[20][21]

懐王トク・テムル家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』巻35文宗本紀4「[至順二年春正月]癸卯、以皇子古納答剌疹疾愈、賜燕鉄木児及公主察吉児各金百両・銀五百両・鈔二千錠、撒敦等金・銀・鈔各有差」
  2. ^ 『元史』巻35文宗本紀4「[至順二年二月]己未、命西僧為皇子古納答剌作仏事一周歳」
  3. ^ 『元史』巻35文宗本紀4「[至順二年夏四月丙午朔]命西僧於五台及霧霊山作仏事各一月、為皇太子古納答剌祈福」
  4. ^ 『元史』巻35文宗本紀4「[至順二年二年冬十月]己酉、時享於太廟。為皇子古納答剌作仏事、釈在京囚、死罪者二人、杖罪者四十七人」
  5. ^ 『元史』巻36文宗本紀5「[至順二年三年春正月]戊戌、命中書省以鈔三千錠・幣帛各三千匹、給皇子古納答剌歳例鷹犬回賜」
  6. ^ 『元史』巻37寧宗本紀「[至順三年十月]甲子……皇弟燕帖古思受戒於西僧加児麻哇」
  7. ^ 『元史』巻35文宗本紀4「[至順二年]九月癸酉朔、市阿魯渾撒里宅、命燕鉄木児奉皇子古納答剌居之」
  8. ^ 『元史』巻36文宗本紀5「[至順三年三月]癸巳、皇子古納答剌更名燕帖古思
  9. ^ 『元史』巻38順帝本紀1「[至順三年八月]己酉、文宗崩、燕鉄木児請文宗後立太子燕帖古思、後不従、而命立明宗次子懿璘質班、是為寧宗」
  10. ^ 『元史』巻38順帝本紀1「[至順三年]十一月壬辰、寧宗崩、燕鉄木児復請立燕帖古思、文宗後曰『吾子尚幼、妥懽帖睦爾在広西、今年十三矣、且明宗之長子、礼當立之』。乃命中書左丞闊里吉思迎帝於静江。……俄而燕鉄木児死、後乃与大臣定議立帝、且曰『万歳之後、其伝位於燕帖古思、若武宗・仁宗故事』。諸王宗戚奉上璽綬勸進」
  11. ^ 『庚申外史』巻上「戊寅、至元四年……伯顔与太皇太后謀立燕帖古思而廃帝、其侄脱脱頗聞其謀、竊以告其師呉直方行可、教之以密告于帝、令帝知而預為防」
  12. ^ 六年二月、伯顔自領兵衛、請帝出田。脱脱告帝托疾不往。伯顔固請太子燕帖古思出次柳林。脱脱欲有所為、遂与世傑班・阿魯合議、白於帝。
  13. ^ 六年二月、伯顔請太子燕帖古思猟於柳林。脱脱与世傑班・阿魯合謀以所掌兵及宿衛士拒伯顔。
  14. ^ 『元史』巻40順帝本紀3「[至元六年三年二月]己亥、黜中書大丞相伯顔為河南行省左丞相、詔曰『朕踐位以来、命伯顔為太師・秦王・中書大丞相、而伯顔不能安分、專権自恣、欺朕年幼、軽視太皇太后及朕弟燕帖古思、変乱祖宗成憲、虐害天下。加以極刑、允合輿論。朕念先朝之故、尚存憫恤、今命伯顔出為河南行省左丞相。所有元領諸衛親軍並怯薛丹人等、詔書到時、即許散還』……」
  15. ^ 『元史』巻40順帝本紀3「[至元六年]六月丙申、詔撤文宗廟主、徙太皇太后不答失里東安州安置、放太子燕帖古思於高麗、其略曰……燕帖古思昔雖幼沖、理難同処、朕終不陷於覆轍、專務残酷、惟放諸高麗、當時賊臣月魯不花・也里牙已死、其以明里董阿等明正典刑。監察御史崔敬言燕帖古思不宜放逐、不報」
  16. ^ 『元史』巻184列伝71崔敬伝「崔敬、字伯恭、大寧之惠州人……[至元]六年、遷枢密院都事、拜監察御史。時既毀文宗廟主、削文宗後皇太后之号、徙東安州、而皇弟燕帖古思、文宗子也、又放之高麗。敬上疏、略曰……。不報」
  17. ^ 『元史』巻36文宗本紀5「放燕帖古思於高麗、未至、月闊察児害之於中道」
  18. ^ 『元史』巻40順帝本紀3「[至元六年秋七月]丁卯、燕帖古思薨、詔以鈔一百錠備物祭之」
  19. ^ 『元史』巻107表2宗室世系表,「文宗皇帝、三子長皇太子阿剌忒納答剌、早薨、無後。次二燕帖古思太子、次三太平訥太子、倶早隕、無後」
  20. ^ 『元史』巻41順帝本紀4「[至正五年]十一月甲午……奉元路陳望叔偽称燕帖古思太子、伏誅」
  21. ^ 『元史』巻138列伝25伯顔伝「四年、文宗大漸、遺詔立兄明宗之子。已而文宗崩、明宗次子懿璘質班即位、四十三日而崩。文宗後臨朝。燕鉄木児与群臣議立文宗子燕帖古思。文宗後曰「天位至重、吾児年方幼沖、豈能任耶!明宗有子妥懽帖睦爾、出居広西、今年十三矣、可嗣大統。」於是奉太后命、召還京師、至良郷、具鹵簿迎之。燕鉄木児与之並馬而行、於馬上挙鞭指畫、告以国家多難遣使奉迎之故。而妥懽帖睦爾卒無一語酬之。燕鉄木児疑其意不可測、且明宗之崩、実与逆謀、恐其即位之後追挙前事、故宿留数月、而心志日以瞀乱。」

参考文献[編集]

  • 宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』名古屋大学出版会、2018年
  • 新元史』巻114列伝11
  • 蒙兀児史記』巻77列伝59