エレコム神戸ファイニーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エレコム神戸ファイニーズ
基本情報
愛称 ファイニーズ
メインスポンサー エレコム
創設年 1975年
所属リーグ
リーグ Xリーグ・X1 SUPER
本拠地
本拠地 神戸大学エレコムグラウンド
(兵庫県神戸市)
組織
GM 永井達也
ヘッドコーチ 狩野良太
成績
2018シーズン SUPER9 6位
ウェスト 2位
地区優勝 1回 (2014年)
獲得タイトル
※獲得タイトルなし
外部リンク
公式サイト0/0公式Twitter

エレコム神戸ファイニーズ(エレコムこうべファイニーズ、: Elecom Kobe Finies)は、兵庫県神戸市の社会人アメリカンフットボールチーム(クラブチーム)。Xリーグ所属。

来歴[編集]

創成期[編集]

創部は1975年滋賀県長浜市周辺の5つの高等学校のアメリカンフットボール部のOBを中心に「湖北ファイニーズ」として結成。ファイニーズ(FINIES)の名はその5つの高校(Five High School)から集まった選手たちの活力(Energies)を一つにという意味合いでつけられたものであった。当初は滋賀県が本拠だったが大阪府に本拠を移した後、1987年にトイレタリーメーカー・サンスターを冠スポンサーに迎え、「サンスター・ファイニーズ」とチーム名も改めた。

サンスターファイニーズの時代[編集]

サンスターの支援が始まるとチームは有力選手の獲得によるチーム強化に着手する。関西学院大学ファイターズ出身のQB芝川龍平、京都大学ギャングスターズ出身のWR福島伸一郎、そしてこの伝説のドリームチームを支えた日本一のディフェンスラインの異名を誇る近畿大学クリムゾンデビルス出身のDL神山康二(現姓 大矢)、京都大学ギャングスターズ出身のDL佐々木丈ら関西学生リーグの各チームの代表的な選手を揃え、1991年1993年、共に松下電工インパルス(現パナソニック インパルス)を下して東京スーパーボウル出場(現ジャパンXボウル)を果たす。特に1993年には当時を代表する京大出身のQB東海辰弥率いるアサヒビールシルバースターと対戦、0-13で惜敗するが、実業団チームが全盛だった当時としては、社会人選手権史上初のクラブチーム同士の対決として話題を呼んだ。この他、1995年1996年の西日本社会人選手権(春季ゲーム)連覇、またXリーグ発足の1997年にもファイナル6進出を果たすが、初戦で敗退する。

マイカルベアーズとの激闘[編集]

ファイニーズがチームとしてピークを迎えたこの頃、西日本ブロックでは実業団チームとしてマイカル・ベアーズ(現・クラブベアーズ)が急成長を遂げており、チームは、それまでの打倒松下電工の目的を果たす前に、まず、マイカルを倒さなければならない状況となった。両チームの秋季リーグ戦での対戦は1992年の初対決で20-20と引き分けて以降、マイカルが2001年に2部降格になるまで、松下電工への挑戦権を掛けた激しいゲームを幾度も展開している。当時の社会人協会のゲーム解説やメディア等でも両者のゲームにおいて「因縁の対決」といった惹句がしばしば用いられている。

低迷の時代、そして神戸へ[編集]

1999年にサンスターとのスポンサード契約が終了した頃から、チームの迷走が始まる。当時のチーム関係者と地元のアメリカンフットボールファンが中心となって任意組織「ファイニーズ・フットボールクラブ」として運営を続け、2001年には特定非営利活動法人の認証を得た。しかし、戦力は整わず、順位も下降を続け、2003年には2部降格も経験したが、2004年には1年でXリーグ1部に復帰。創部30周年にあたる2005年神戸市とその周辺地域を本拠と定め「神戸ファイニーズ」として再出発を図ることになった。初年度である2005年秋季リーグ戦は0勝5敗の6位(入替戦に勝利しXリーグ残留)。2006年シーズンから神戸市にあるビジネスプロセスコンサルティング、人材ビジネスを主とするベンチャー企業グループエス・アール・シーグループがスポンサーに就き、チーム名もSRC神戸ファイニーズに変更された。同年の秋季リーグ戦は3チームが1勝4敗で並んだが得失点差で4位となった。2007年は初戦の松下電工戦こそ健闘したものの2戦目以降失速して5位にとどまる。2008年は内外電機マーヴィーズに初勝利、ディビジョン1位となったアサヒ飲料チャレンジャーズとも互角に戦うが、主力の怪我等が響いてファイナル6を逃すも2勝3敗の3位。2009年4月、コンピュータ周辺機器メーカー、エレコム株式会社とのスポンサー契約を発表し、チーム名をエレコム神戸ファイニーズに変更。SRCも引き続きスポンサーを務める。

エレコム神戸以降[編集]

神戸移転以来、2部への転落こそ免れてきたものの、Final6やSuper9への進出は果たせずにいた。しかし徐々に支援企業の増加やチーム改革を進めたことでチーム力が向上。2014年度に21年ぶりにウェストディビジョン制覇を成し遂げた。

本拠地[編集]

本拠とする神戸には神戸市王子スタジアムがあり、長居球技場と共にXリーグウェストディビジョンの主力会場の一つである。

秋季リーグ戦成績[編集]

2008年まで(2ステージ制)[編集]

年度 所属 順位 ポストシーズン
2005 Xウエスト 0 5 6位 X-X2入替戦勝利(対クラブベアーズ)、X残留
2006 Xウエスト 1 4 4位
2007 Xウエスト 1 4 5位
2008 Xウエスト 2 3 3位

2009年以降(3ステージ制)[編集]

年度 所属 1stステージ 2ndステージ Finalステージ 総合順位
順位
2009 Xウエスト 2 3 4位 Battle9:1勝1敗
2010 Xウエスト 2 3 4位 Battle9:2勝
2011 Xウエスト 2 3 4位 Battle9:1勝1敗
2012 Xウエスト 2 3 4位 Battle9:2勝
2013 Xウエスト 2 3 4位 Battle9:2勝 BATTLE9FINAL:敗戦(対オール三菱
2014 Xウエスト 5 0 1位 Super9:2敗 4位

チーム名の変遷[編集]

期間 チーム名称
1975年 - 1986年 湖北ファイニーズ
1987年 - 1999年 サンスターファイニーズ
2000年 湖北ファイニーズ
2001年 - 2004年 ファイニーズフットボールクラブ
2005年 神戸ファイニーズ
2006年 - 2008年 SRC神戸ファイニーズ
2009年 - 現在 エレコム神戸ファイニーズ

関連項目[編集]