エレノア・オブ・ブリタニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エレノア・オブ・ブリタニー
Eleanor of Brittany
Alienor Bretagne.jpg

出生 1182/84年
死去 1241年8月10日
イングランド王国の旗 イングランド王国ドーセットシャーコーフ城
埋葬 イングランド王国の旗 イングランド王国ウィルトシャー、エイムズベリー修道院
家名 プランタジネット家
父親 ブルターニュ公ジョフロワ2世
母親 ブルターニュ女公コンスタンス
テンプレートを表示

エレノア・オブ・ブリタニー(Eleanor of Brittany, 1182/84年 - 1241年8月10日)は、ブルターニュ公女。父はブルターニュ公ジョフロワ2世(ジェフリー・プランタジネット、イングランドヘンリー2世と王妃エレアノール・ダキテーヌの四男)、母はブルターニュ女公コンスタンス。弟はアーサー・オブ・ブリタニー。「フェア・メイド・オブ・ブリタニー」(Fair Maid of Brittany)と呼ばれた。フランス語ではアリエノール・ド・ブルターニュ(Aliénor de Bretagne)またはエレオノール・ド・ブルターニュ(Éléonore de Bretagne)。英語ではエレノア・プランタジネット(Eleanor Plantagenet)とも呼ばれた。

リチャード1世の死後に生じた王位継承問題で、弟アーサーとリチャードの末弟ジョン王の争いが起こった。ミラボーの戦いでアーサー派は敗走し、エレノアはアーサーとともにジョンの騎士たちに捕らえられた。アーサーは幽閉され、己の王座の不動をたくらんだジョンに殺された。エレノアはドーセットシャーコーフ城に幽閉され、30年もの間そこで生き延び、死去した。