エレファント・マン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エレファント・マン
The Elephant Man
監督 デヴィッド・リンチ
脚本 クリストファー・デヴォア
エリック・バーグレン
デヴィッド・リンチ
製作 ジョナサン・サンガー
製作総指揮 スチュアート・コーンフェルド
メル・ブルックス
出演者 ジョン・ハート
アンソニー・ホプキンス
ジョン・ギールグッド
アン・バンクロフト
音楽 ジョン・モリス
撮影 フレディ・フランシス
編集 アン・V・コーツ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年10月10日
日本の旗 1981年5月23日
上映時間 124分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000
興行収入 $26,010,864[1]
配給収入 23億1000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

エレファント・マン』(The Elephant Man)は、1980年制作のイギリスアメリカ合作映画 。19世紀のイギリスで「エレファント・マン」と呼ばれた青年ジョゼフ・メリックの半生を描く。デヴィッド・リンチ監督、脚本。メル・ブルックスがプロデューサーとして参加している。

1981年アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞[3]アカデミー賞では最優秀作品賞、主演男優賞など8部門にノミネートされた。

メリックを発見し研究したトリーヴス医師を大叔父とする俳優フレデリック・ウィリアム・トリーヴスが、市会議員役で登場する。

2020年7月10日より、4K修復版が東京新宿ピカデリーほか全国で公開[4]

ストーリー[編集]

19世紀ロンドン。生まれつき奇形で醜悪な外見により「エレファント・マン」として見世物小屋に立たされていた青年、ジョン・メリック(ジョン・ハート)。肥大した頭蓋骨は額から突き出、体の至るところに腫瘍があり、歪んだ唇からは明瞭な発音はされず、歩行も杖が無ければ困難という悲惨な状態だった。

ある日、彼を見世物小屋で見かけた外科医、フレデリック・トリーブス(アンソニー・ホプキンス)は興味を覚え、研究したいという理由で持ち主のバイツ(フレディ・ジョーンズ)から引き取り、病院の屋根裏部屋で彼の様子を見ることになる。

はじめは白痴だと思われていたジョンだったが、やがてトリーブスはジョンが聖書を熱心に読み、芸術を愛する美しい心の持ち主だということに気付く。当初は他人に対し怯えたような素振りを見せるジョンだったが、トリーブスや舞台女優のケンドール夫人(アン・バンクロフト)と接するうちに心を開いていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS
ジョン・メリック ジョン・ハート 国広富之
フレデリック・トリーヴス英語版 アンソニー・ホプキンス 田中信夫
カー・ゴム院長 ジョン・ギールグッド 渥美国泰
ケンドール夫人英語版 アン・バンクロフト 阿部寿美子
バイツ(モデルはトム・ノーマン英語版 フレディ・ジョーンズ 熊倉一雄
寮母 ウェンディ・ヒラー 文野朋子
夜警のジム マイケル・エルフィック英語版 渡部猛
トリーヴス夫人 ハンナ・ゴードン英語版 榊原良子
アレクサンドラ妃 ヘレン・ライアン英語版 山田礼子
フォックス ジョン・スタンディング英語版 宮田光
バイツの連れている少年 デクスター・フレッチャー
メリックの看護師ノーラ レスリー・ダンロップ英語版 玉川砂記子
メリックの母 フィービー・ニコルズ英語版 吉田理保子
辻馬車御者 ロイ・エヴァンス 仲木隆司
牛乳配達 アルフィ・カーティス 幹本雄之
ブロードネック ヒュー・マニング 平林尚三
ウォディントンの貴婦人 キャスリーン・バイロン 竹口安芸子
ウォディントンの領主 ジェラルド・ケース 長堀芳夫
見世物小屋の小人 ケニー・ベイカー

出典[編集]

  1. ^ The Elephant Man (1980)” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月2日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)400頁
  3. ^ 株式会社スティングレイ、allcinema1981年 第9回 アボリアッツ・ファンタスティック映画祭。2020年2月1日閲覧。
  4. ^ 不朽の名作『エレファント・マン』4K修復版が“緊急”公開ORICON NEWS