エレミシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エレミシン
ElemicinSVG.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • Uncontrolled
投与方法 Oral
識別
CAS番号
487-11-6 チェック
PubChem CID: 10248
ChemSpider 9830 チェック
KEGG C10451  チェック
ChEMBL CHEMBL458690 チェック
化学的データ
化学式 C12H16O3
分子量 208.25 g/mol

エレミシン(Elemicin)は、フェニルプロペンの一種である。ナツメグ精油中に存在する。また、エレミ天然樹脂や精油にも少量含まれる。ある研究では、精油中に2.4%含まれていた[1] 。生のナツメグは、含まれるエレミシンとミリスチシンのため、抗コリン性を持つことが知られている[2]。エレミシンはナツメグの持つ向精神作用の原因にもなっている[3]

出典[編集]

  1. ^ Villanueva, M. A.; Torres, R. C.; Baser, K. H. C.; Ozek, T.; Kurkcuoglu, M. (1993年). “The Composition of Manila Elemi Oil” (pdf). Flavour and Fragrance Journal 8: 35?37. doi:10.1002/ffj.2730080107. http://itdi.dost.gov.ph/R&D/cmd/elemioil.pdf. 
  2. ^ “Acute nutmeg poisoning”. Eur J Emerg Med 11 (4): 240–1. (2004年8月). PMID 15249817. http://Insights.ovid.com/pubmed?pmid=15249817. 
  3. ^ “The chemistry and psychopharmacology of nutmeg and of several related phenylisopropylamines”. Psychopharmacol Bull 4 (3): 13. (1967年12月). PMID 5615546.