エレン・ウィリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エレン・ウィリス
Ellen Willis
Ellen willis.png
誕生 エレン・ジェーン・ウィリス
Ellen Jane Willis
1941年12月14日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン
死没 (2006-11-09) 2006年11月9日(64歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ニューヨーク市クイーンズ
職業 ジャーナリストエッセイスト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な受賞歴 全米批評家協会賞批評部門(2014年)
配偶者 スタンリー・アロノヴィッツ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エレン・ウィリスEllen Willis, 1941年12月14日 - 2006年11月9日)は、アメリカ合衆国ジャーナリストエッセイスト、音楽批評家。フェミニストとしての立場から様々な活動に関わった。全米批評家協会賞批評部門を受賞。

来歴[編集]

ニューヨーク市マンハッタンに生まれた。ユダヤ系。父親はニューヨーク市警察の警察官だった。同市のブロンクスクイーンズで育った[1]バーナード・カレッジで学び、カリフォルニア大学バークレー校の大学院で比較文学を研究した[1]

1967年にロック雑誌『Cheetah』を創刊。ボブ・ディランを論じた長文のエッセイ「Dylan」を寄稿。

1968年、『ザ・ニューヨーカー』の最初の音楽批評家となった。1960年代末から1970年代にかけて『ローリング・ストーン』や『ヴィレッジ・ヴォイス』のために多くの批評を書いた。ウィリスが主に取り上げたのはロック・ミュージックであり、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドローリング・ストーンズクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルランディ・ニューマンジョニ・ミッチェルビートルズの『アビイ・ロード』などをリアルタイムで批評した。音楽に関するエッセイはウィリスの死後、娘のノーナ・ウィリス・アロノヴィッツが1冊にまとめ、2011年に『Out of the Vinyl Deeps: Ellen Willis on Rock Music』として出版した[2]。なおノーナは、ウィリスと社会学者のスタンリー・アロノヴィッツとの間にできた子である。

初期の第二波フェミニズムの団体「New York Radical Women」のメンバーであり、1969年にシュラミス・ファイアストーンと共に、急進的フェミニズム団体である「Redstockings」を設立した。また、中絶権利擁護派として1970年代半ばに抗議団体「No More Nice Girls」を設立した。

ウィリスはフェミニスト・セックス戦争の中心的な論客の一人として知られる。「pro-sex feminism」という用語は、彼女が1981年に書いたエッセイ「Lust Horizons: Is the Women's Movement Pro-Sex?」から来ている[3]

晩年はニューヨーク大学ジャーナリズム科で教授を務めていた。2006年11月9日、肺がんのため死去[4]。64歳没。

娘のノーナが編纂した『The Essential Ellen Willis』は2014年の全米批評家協会賞批評部門を受賞した。第二波フェミニズムに焦点を当てたドキュメンタリー映画『She's Beautiful When She's Angry』(2014年)に出演している[5]

著書[編集]

  • Questions Freshmen Ask: A Guide for College Girls. New York: Dutton. (1962). LCCN 62-7824 
  • Beginning to See the Light: Pieces of a Decade. New York: Knopf : distributed by Random House. (1981). ISBN 0-394-51137-9 
  • Beginning to See the Light: Sex, Hope, and Rock-and-Roll. 2d ed.. Hanover: Wesleyan. (1992). ISBN 0-8195-6255-6 
  • No More Nice Girls: Countercultural Essays. Hanover, NH: Published by University Press of New England [for] Wesleyan University Press. (1992). ISBN 0-8195-5250-X 
  • Don't Think, Smile!: Notes on a Decade of Denial. Beacon Press. (1999). ISBN 0-8070-4320-6 
  • Out of the Vinyl Deeps: Ellen Willis on Rock Music. University of Minnesota Press. (2011). ISBN 978-0-8166-7283-7 
  • The Essential Ellen Willis. University of Minnesota. (2014). ISBN 978-0-8166-8121-1 

脚注[編集]

  1. ^ a b Fox, Margalit (November 10, 2006). “Ellen Willis, 64, Journalist and Feminist, Dies”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/11/10/arts/10willis.html?ex=1320814800&en=7df5ac657f731a9e&ei=5090&partner=rssuserland&emc=rss 2019年6月10日閲覧。. 
  2. ^ Willis, Ellen (2011). Out of the Vinyl Deeps: Ellen Willis on Rock Music. University of Minnesota Press. ISBN 978-0-8166-7283-7. https://books.google.com/books?id=YhvBfNXvoQoC&pg=PR4&dq=978-0-8166-7283-7&hl=en&sa=X&ei=TS9jUpKZNta24AO86IDoAQ&ved=0CEwQ6AEwAA#v=onepage&q=978-0-8166-7283-7&f=false 2013年10月19日閲覧。 
  3. ^ Ellen Willis, Lust Horizons: The 'Voice' and the women's movement Archived August 29, 2008, at the Wayback Machine., Village Voice 50th Anniversary Issue, 2007. This is not the original "Lust Horizons" essay, but a retrospective essay mentioning that essay as the origin of the term. Accessed online July 7, 2007. A lightly revised version of the original "Lust Horizons" essay can be found in No More Nice Girls, pp. 3–14.
  4. ^ Official page Archived July 5, 2006, at the Wayback Machine. on the site of the Department of Journalism, New York University, accessed July 7, 2007
  5. ^ Ellen Willis — She's Beautiful When She's Angry