エロス+虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エロス+虐殺』(えろすプラスぎゃくさつ)は、1970年3月14日に公開された吉田喜重監督の映画作品である。現代映画社製作、日本アート・シアター・ギルド配給、白黒シネマスコープ。

吉田喜重の代表作であり、フィクションであるが、実在の出来事を題材にしている。他の主なものはモデルの実名だが、神近市子をモデルとしたと推測される役柄は、正岡逸子の仮名が当てられていた。神近市子はこの映画の公開にあたり、自身の名誉権とプライバシー権の侵害を理由に上映の差し止めを求めて提訴したが、「周知の事実」として棄却された。

スタッフ[編集]

  • 製作 - 曾志崎信二, 吉田喜重
  • 監督 - 吉田喜重
  • 脚本 - 山田正弘, 吉田喜重
  • 撮影 - 長谷川元吉
  • 音楽 - 一柳慧
  • 美術 - 石井強司
  • 照明 - 海野義雄

配役[編集]

関連項目[編集]