エロス (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エロス-もう一つの過去』(エロス もうひとつのかこ)は、広瀬正のSF長編小説。『週刊読売』連載、1971年河出書房新社刊。第56回直木賞候補作。1977年にNHKで単発ドラマ『もしも・あの時』として放送された。

概要[編集]

ベテラン歌手・橘百合子は、若いころヌードモデルをしていたことがあり、その時、科学者の片桐慎一と愛し合う仲になったが、ついに結ばれることはなかった。老いた2人は再会し、もし2人が結ばれていたらという形でパラレルワールドが語られていく。「エロス」は、片桐が作った歌の題名である。

歌手のモデルは、ヌードモデルをしていた淡谷のり子である。直木賞候補は『マイナス・ゼロ』『ツィス』に続き3回目で、いつものように司馬遼太郎一人が絶賛推奨したが、他の委員の支持を得られず、翌年広瀬は急死した。

集英社文庫に収録されて読み継がれている。

ドラマ版は、脚本・尾中洋一、主演は岡田茉莉子江原真二郎である。

参考[編集]

  • 『エロス』集英社文庫