エンターブレインえんため大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エンターブレインえんため大賞(えんたーぶれいんえんためたいしょう)は、KADOKAWAの社内ブランド・エンターブレインが主催し、学校法人東放学園が後援・協賛する小説漫画を対象とする賞。

創設時はアスキー(現KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)の主催でファミ通エンタテインメント大賞という名称であったが第3回(2001年)以降はエンターブレインの主催となり、第4回(2002年)より現行の名称に変更された。

それまで続いていた部門の改名や、年によって新設される部門もあった。

部門[編集]

かつて創設されていた部門

脚注[編集]

  1. ^ 2013年前後よりえんため大賞内で独立していたが、2016年度からはハルタコミックグランプリとなって正式にえんため大賞から分離した。
  2. ^ a b 2017年(第19回)までで、その後はビーズログ小説大賞ファンタジー部門と現代部門として分離した。
  3. ^ 2018年(第20回)で終了し、ファミ通文庫大賞に引き継がれた。