エンタープライズ (TRPG)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

エンタープライズ』は、『スタートレック』を原作とするSFロールプレイングゲーム多摩豊によってデザインされ、1983年ツクダホビーよりボックス版にて発売された。日本における最初期のテーブルトークRPGである。

概要[編集]

スタートレック』を原作として、惑星などを舞台に探索と戦闘を行なうSFテーブルトークRPGである。 宇宙空間宇宙船宇宙戦闘機などを扱うルールは用意されていない。

マスターキャラクターと遭遇したときに、戦闘を行なうばかりでなく、交渉によって味方にすることのできるシステムが特徴となる。

1983年に発売された日本における最初期のテーブルトークRPGであり、ツクダホビーの製品番号は「HG-014-R」。 1984年発売の『ローズ・トゥ・ロード』(HG-030-R)や『スタークェスト』(HG-032-R)よりも早くに発売された作品である。

システム[編集]

行為判定[編集]

行為判定パーセンテージロールに属する。 サイコロとして100面ダイス1個(1D100)を使用する。

交渉[編集]

交渉は、出会ったマスターキャラクターに対して話しかけ、味方にする行為である。 交渉の態度は「優位」「対等」「だます」の3種類から選択される。 プレイヤーキャラクターマスターキャラクターアライメントを表に照らし合わせ、正解となる態度がひとつだけ決定される。 交渉の態度が正解であれば、さらに指定された行為判定を行ない、これにも成功すればマスターキャラクターを味方にすることができる。

例えば、プレイヤーキャラクターがLG(ロジカルグッド)であり、マスターキャラクターがEB(エモーショナルバッド)であれば、交渉の態度は「だます」が正解となる。 それから成功率30%の判定を行ない、成功すれば味方にすることができる。

キャラクター[編集]

能力値[編集]

能力値とは、キャラクターの基本的な能力を表す数値である。 ST(体力)・DX(器用さ)・IQ(知力)・CH(カリスマ)・LU(運)の5種類がある。

人種[編集]

人種とは、キャラクターがどの星の異星人であるかを示す要素である。 アンドリア人タロス人ロミュラン人・メトロン人・優勢人間オルガニア人クリンゴン人・メデューサ人・メルコト人・テラライト人・セイサス人・ゴーン人・M13モンスター・ボルタ人バルカン人の15種類がある。

アライメント[編集]

アライメント(性格)とは、キャラクター同士が遭遇する際に、交渉結果を決める基準となる要素である。 LG(ロジカルグッド)・LB(ロジカルバッド)・N(ニュートラル)・EG(エモーショナルグッド)・EB(エモーショナルバッド)の5種類がある。

スペシャルアビリティー[編集]

スペシャルアビリティー(特殊能力)とは、キャラクターが学習や訓練によって習得した能力である。 メカニックリペア―・メディカルタレント・サイエンスタレント・PSYタレントの4種類がある。 それぞれのアビリティーは、対応する能力値の数値によって成功率が決定される。

世界設定[編集]

製品一覧[編集]

  • エンタープライズ
    • 基本ルールブック。1983年にツクダホビーからボックス版にて発売。ルールブック20頁。シナリオブック13頁。

関連項目[編集]