エンディングアニメーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

エンディングアニメーションとは、おもにアニメーション作品の終わりに主題歌等と共に流れるアニメーションのこと。略称はEDアニメ

テレビアニメ作品の場合、主に副主題歌が使用され、ビデオアニメや劇場版アニメでは主題歌が使用される。またTVゲーム終了後流れるアニメーションのこともEDアニメと呼ばれる。

概要[編集]

EDアニメは、主題歌などにのせてクレジットタイトルを流す[1]。そのため、画面にはクレジットを入れるための大きなスペースが取られ、アニメーションの動きは比較的少ない。止め絵やイラストのみのが使用される場合もある。

EDアニメが挿入されるタイミングは大きく分けると、

  • 本編終了後、続けて流れる
  • 本編終了後、CMを挟んでから流れる

の二種類になる。

また本編の後半からEDが流れ始めてそのままEDに流れるケースも増えてきている。

オープニングアニメーションと比較すると感慨深くどこか静けさを感じる曲が起用されることが多い。アクションやロボットアニメではヒロインの心情など、メッセージ性が強調されており、どちらかと言えば勢いやカッコよさを追求したOPよりもじっくり物語に浸っている仕様が多い。OPはこれから作品が始まることを示すためにあるのに対し、EDは基本的には担当声優などのテロップ表示のために存在している。そのためOPで全てのテロップをまとめて表示するアニメにはEDが存在しないことも多い(「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」など)。また敵役など、主人公以外の登場人物をテーマにした映像・曲が扱われる例もある(タイムボカンシリーズの各作品での3悪など。)。

オープニングアニメーション同様、子供向けの作品を除き、主題歌の歌詞テロップが表示されなくなっている。また、初回はエンディングテーマが挿入されないことが多い。

EDアニメの例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一部のアニメではエンディングを流さないことがあるため、オープニングで全てのクレジットを流すことがある。

関連項目[編集]