エンデバー (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エンデバー
HMNZS Endeavour (A11), from ferry.jpg
基本情報
運用者  ニュージーランド海軍
艦種 給油艦 (AO)
艦歴
就役 1988年4月8日
退役 2017年12月15日
要目
基準排水量 7300トン
満載排水量 1万2300トン
全長 138.0メートル
最大幅 18.4メートル
吃水 7.6メートル
機関 MAN ブルマイスター&ヴァインディーゼルエンジン × 1基
出力 5300馬力
速力 14ノット
航続距離 1万海里
乗員 50名
搭載能力 ・艦艇用燃料:5500トン
・航空燃料:150立方メートル
・ドライカーゴ及び食糧:コンテナ×4基[1]
兵装 無し
テンプレートを表示

エンデバーHMNZS Endeavour, A11[1])は、ニュージーランド海軍補給艦タンカーである。約7500トンの艦艇用燃料のほか、物資やヘリコプター用の燃料も搭載する。

艦名は、ジェームズ・クックが探検航海に使用した帆船エンデバーから。

艦歴[編集]

「エンデバー」は商船規格船舶として大韓民国で建造され、1988年4月8日に就役する。母港はニュープリマスにあるデヴォンポート海軍基地英語版に置かれている。ニュージーランド海軍の艦艇が訓練や交流のために日本を訪れるときには「エンデバー」もよく同伴している。

1999年9月21日から24日にかけての期間と、2000年1月28日から2月23日までの2度に渡り東ティモール国際軍オーストラリア軍指揮官の下で東ティモール国際軍の一部として参加する[2]

2012年には「F77 テ・カハ」と共にリムパックに参加している。

ニュージランド海軍は「エンデバー」の代替を計画しており、当初は2013年までに退役する予定であったが、船舶による汚染の防止のための国際条約に対応するため、18ヶ月かけて改装され現役を続行した。2015年3月には、代替船の入札要件が公開された。現在、国防省は「エンデバー」の退役時期を2018年4月に予定している[3]

代替船の仕様は、2基のディーゼルエンジンによって構成され16ノットで6400海里の航続距離を有する推進システム、ミニ・タイフーン英語版マウント2基およびファランクスCIWS1基の武装、ヘリコプター運用能力および12TEU相当のコンテナ搭載能力が要求されている。2015年9月に、大宇造船海洋現代重工業は、入札の最終段階に選考された[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b HMNZS ENDEAVOUR - A11”. ニュージーランド海軍 (2015年). 2015年2月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月13日閲覧。
  2. ^ Strength Through Diversity: The combined naval role in Operation Stabilise (PDF)”. オーストラリア海軍 (2007年). 2012年9月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月2日閲覧。
  3. ^ Lee-Frampton, Nick (2015年3月31日). “NZ Issues Tender for Fleet Tanker”. Defense News. http://www.defensenews.com/story/defense/naval/ships/2015/03/31/new-zealand-tanker-endeavor-sustainment-maritime/70715590/ 2015年4月9日閲覧。 
  4. ^ “Naval support vessels from South Korea”. DSEI 2015 Exhibition News (IHS Janes 360). (2015年9月17日). http://www.janes.com/article/54460/naval-support-vessels-from-south-korea-dsei15d3 2015年9月23日閲覧。 

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エンデバー (補給艦)に関するカテゴリがあります。