エンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

演ドル(えんドル)は、演歌アイドルとを合わせた造語。「エンドル」とも表記される。

歌謡曲におけるアイドルのような売り出し方をした女性演歌歌手、または、女性アイドルが演歌歌手として売り出した場合に、自称・他称される。男性がこう呼ばれる例は極めてまれで、近年は「イケメン演歌歌手」等と称される。

概要[編集]

1970年代には既に森昌子石川さゆり西川峰子牧村三枝子といったアイドル的な立ち位置の演歌歌手が活躍していたが、歌謡曲のジャンル分けが曖昧な時代であったことから、彼女らを指す特別な名称はなかった。

1980年代後半から「バラエティーアイドル」の略語としてバラドルが用いられるようになり、「〇〇ドル」はある特性を持ったアイドルの略語として認知されるようになった。

1980年代終盤から1990年代初頭にかけて10代〜20代の女性演歌歌手が多くデビューした。演歌歌手=おばさん演歌=中高年向けの音楽というイメージを払拭する狙いもあり、彼女らに対して「演歌のアイドル」略して「演ドル」「エンドル」という名称が使われるようになった。

1995年平成7年)、集英社イミダス(情報・知識imidas)」の時事用語辞典の新語流行語として「演ドル」が記載された[1]

1999年(平成11年)10月16日テレビ朝日系列京都マル秘仕置帖 ~伝説の男“必殺仕事人三味線屋勇次”が京の町に現れた! カラオケ教室美人殺人事件 デビュー直前に消された演ドルの秘密~」が放送された。

「エンドル」と呼ばれた演歌歌手[編集]

現在演歌以外で活躍する歌手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • ナマドル(2007年から見られる。「訛りのあるアイドル」の略語)