エンリコ・アルベルトージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エンリコ・アルベルトージ Football pictogram.svg
名前
愛称 リッキー
ラテン文字 Enrico Albertosi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1939-11-02) 1939年11月2日(79歳)
出身地 ポントレーモリ
身長 182cm
体重 77kg
選手情報
ポジション GK
代表歴
1961-1972 イタリアの旗 イタリア 34 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エンリコ・アルベルトージEnrico Albertosi, 1939年11月2日 - )は、イタリアポントレーモリ出身の元サッカー選手。元同国代表。現役時代のポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

スペツィアでユース時代を過ごしたのち、1959年1月ACフィオレンティーナに所属していた18歳の時にセリエAデビューを果たした。フィオレンティーナでは2度のコッパ・イタリア優勝など4つのタイトルを獲得した[1]

1968年にルイジ・リーヴァ擁するカリアリ・カルチョに移籍。すると1969-70シーズンにはクラブ初であり唯一となるセリエA優勝に貢献した。

1974年にACミランに移籍すると、在籍6年間でセリエAとコッパ・イタリアをそれぞれ1度ずつ獲得した[2]

しかし1980年には八百長スキャンダル「トトネロ」に関与していたとして、2シーズンの出場停止処分を受けた。その後、1982年にエルピディエンセで現場復帰し、2年後の1984年に現役を引退した。

代表[編集]

1961年のアルゼンチン代表戦でイタリア代表にデビュー。

1970 FIFAワールドカップには、カリアリでの活躍により正ゴールキーパーに選ばれ全試合に先発出場した。「世紀の試合」や「アステカの死闘」と呼ばれることになる準決勝の西ドイツ代表戦でも活躍を見せた。

エピソード[編集]

ACミランの後輩にあたるジャンルイジ・ドンナルンマが、2017年にクラブとの契約延長を拒否した際には、批判の声を上げた[3]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SERIE A 1968/69: FIORENTINA – Storie di Calcio” (イタリア語). 2019年1月9日閲覧。
  2. ^ Enrico Albertosi”. www.magliarossonera.it. 2019年1月9日閲覧。
  3. ^ ミラン退団決定のドンナルンマ…レジェンドGKが怒る!”. Qoly. 2019年1月9日閲覧。